すき込む

f0171453_23020959.jpg

[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-10-28 23:02 | フォトス | Comments(0)

ゆっくりさよならをとなえる

f0171453_20451532.jpg
我が家の飼い猫、すすさんが儚くなったのでした。18年、生きたのか。

猫としては長生きしたほうだと思うと少し落ち着くこともできるけれど、やっぱり悲しい。
年々年老いて、それでもひょうひょうとマイペースに過ごしていて、まだしばらく同じような毎日が続くのだろうと思っていたけれど、唐突に老いるスピードが加速し、餌を食べなくなり、そっと逝ってしまった。
最後までトイレも完璧(と言っても、後期は食事もまともに取れなくなっていたので形だけ)。
世話なんて全く焼かせてくれなかった。

常日頃、すすは私の枕元や腕の中で丸くなって眠っていたけれど、儚くなる一週間前くらい前から一人(一匹か)になれるような暗所に潜むようになり、一緒に寝てくれなくなったのでした。
それが、命日となった日の前日の夜、急に一緒に寝てやろうサービスだと言わんばかりに無理やりよろよろベッドに登ってきて、私は久しぶりにすすを腕に抱っこして眠ることができたのでした。
人を避け一緒に寝てくれなくなったときからきっと別れは近いと感じたけれど、久々に一緒に眠ってくれたことで何というのか、ああ本当にこれでお別れなのだとしみじみ思ったのでした。
急ぎ足ではあったけれど餌を食べなくなり、人を避けるようになり、一緒に寝てくれなくなり、餞別だと言わんばかりに一晩だけ復活した添い寝・・・と段階を踏み、すすが心の準備をさせてくれたおかげで、静かにその時を迎えることができたのでした。
火葬の手配をしたりしている間も、涙は出なかった。(嘘。出た)

火葬をお願いするためにすすの遺体を動物専門の葬儀会社に預けた帰り道、スーパーマーケットで猫の餌の棚を見て「ここはもう我が家とは関係ないコーナーになったのだな」と思った瞬間に、ぶわわっと涙が出てきてしまい、一緒にいたアキも泣きだし大泣き親子になってしまったのでした。
たぶんしばらくは、こういった日常に潜む猫を飼っていた痕跡に涙することになるんだろうな。
悲しい。きっと明日からも仲の良い人とおしゃべりすれば笑うし、通常通りの毎日を過ごすと思うけれど、今はとても悲しい。

それにしてもすす。
本人はそんなつもりではないかもしれないが、状況を受け入れて段階を踏み、静かに死に向かっていっている姿はとても凛々しかったなぁと思うのでした。
一方私なら同じ状況に置かれた場合、死にたくないよー!うえーん!と悪あがきをし、醜態をさらしてしまう可能性大だ!
すすとは対極にあるこの自分の精神の幼さが恥ずかしい・・・。

[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-10-25 21:26 | 猫やら生き物 | Comments(0)

ぎんちゃん

f0171453_10322786.jpg
大通公園周辺でたまに見かけていた、銀太くんという名の馬が弾く観光馬車に初めて乗ったのでした。
アキの熱い希望。笑
地元の民としては乗る機会なく・・・お値段的にもなかなかだし、どこが乗り場なのかも知らないし・・・といろいろあって、いつかいつかとは長年思っていたが、本当に乗れる日が来るとはなぁ。

乗ったのはその日の最終運行。この運行時だけは通常コースの半分の道のりで終了なので、半額で乗ることができたのでした。
パカパカとアスファルトを歩く音が心地よくって、いつも通る見慣れた道でも視線がかなり高く新鮮。
通常コースの半分の道のりだったけれど、それでも30分くらい乗っていて、飽きっぽいアキにはちょうど良いくらいだったのでした。(全コースの場合およそ50分)
銀太くんはとてもおだやかな性格とのことで、触らせてもらえた。
先代の銀太は気難しくて、お客さんが触るなんて考えられなかったよと係りの人は言っていたのでした。
銀ちゃん・・・可愛いなぁ。温かかったしな。



[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-09-24 23:17 | ダイアリ | Comments(0)

幼稚園最後の運動会

f0171453_06572896.jpg
台風が来る前、雨の合間を縫うように晴れた日、アキの幼稚園最後の運動会が行われたのでした。
去年は雨で体育館で開催だった。
それはそれで間近で子どもたちの様子が見えたりといいこともあるのだけれど、やっぱりのびのび外で開催できて嬉しい気持ち。

アキはおおむね競技に問題なく参加できたと思う。
ただ、やっぱり緊張から?ちょっとふざけた態度をとったり、ヘラヘラ笑ってみたりそんな様子がときどき見えた。
はいはいやれって先生が言うからやってますよ、みたいなだらっとした態度。
この態度、親としては近くにいって「しっかりやれっ!」と一喝したくなるのだけれど、彼なりの自分の気持ちとの折り合いのつけ方なのかもしれない。
楽しそうとも見えたし、実際本人は楽しかったらしいので・・・まぁいいか。
年長さんは一番の年上らしく、応援合戦などの特別プログラムもあり見応えがあった。
アキはその他大勢の一人(という言い方もアレですが。汗)だったのだけれど、応援合戦は各組一人団長さんが前に出て大きな声で音頭を取るのだよね。それがまた成長を感じて。
その子らの親は泣いていた。私も応援合戦のときだけは我が子より団長を引き受けた子たちに注目してしまった。笑
そりゃこんな自分の子どもの姿見たら親は泣くだろうな~と温かく見守る会場の様子も素敵だったのでした。

私はと言えば、今年は会場音響のお手伝い。去年は会場アナウンスをした。
毎年運動会の運営のお手伝いとして、数名保護者に希望者を募るのだけれど、今年は手を挙げる方が少なかったらしく去年の手伝いの経験を今年も活かさない?と園長先生からお声が掛かったのでした。
都合よく使われているねぇ~なんて言う人もいるし、少しそんな気もするけれど、係として来賓席前の特等席を陣取れるのは悪くなかった。
最後かぁ。アキも最後だし私も最後だったのだな。ああ楽しかった。


[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-09-19 07:35 | こども | Comments(0)

就学に向けて

f0171453_19284601.jpg
朝、窓から山を見ていたら西の空に白くて丸い月。
月を見つけてからしばらくして、のんびり起き出してきたアキにも見せようを想ったのだけれど、そのときにはもう山の向こうだったのでした。惜しい。

さて。
夏休み前の幼稚園の先生との話合いで、発達障害を抱えたアキの小学校就学についていろいろ動き出すのは二学期から、と決めていたのでした。
遅いのか早いのかはわからない。
ということで、個人的な進学予定の小学校の見学、就学相談的な相談と検査の予約をとった。
就学相談的なもの・・・は、アキの場合病院で検査も受けているし、その結果を受けて小学校での過ごし方というのもほぼ決めているのでひょっとすると不要なのかもしれないけれど、一応11月に。
また違った見方が出るかも知れないし、他の人の意見も聞いておきたい。
小学校の見学(と相談)は実はもう昨日行ってきた。
一年生の授業の様子などを見たり、そもそも通常運営中の小学校の校舎へ入るという経験も今の私にはとても珍しいことだったので、心躍ったのでした。同じくらい緊張もしたけれどな。
見学と先生の話を聞いて、やはりアキの場合はお薬の力を借りて落ち着いて、普通級で授業を受けるのが良いのではないかとあらためて思ったのでした。
11月の相談でもその方向で進めてみることにしたのでした。
小学校の先生が相談を聞いてくれるのは心強いなぁ。

[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-09-08 19:50 | こども | Comments(0)

この夕空

f0171453_22414339.jpg

[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-09-03 22:46 | フォトス | Comments(0)

アキ怪我する

f0171453_21114288.jpg
先日、公園でお友達と遊んでいるうちにお相撲めいた遊びになり・・・後ろに激しく転倒したアキ。
転んだ場所が悪くって、ゴツゴツの荒いコンクリに後頭部を強打したのでした。
結論から言えば、ただ傷を負っただけで大事には至らなかった。ほっ。

怪我をしたのが運悪く土曜日の午後だったため通いの病院はやっておらず、とりあえず近所の診察をしている整形外科へ駆け込んだら、事務の方にすごく遠い場所の脳神経外科を紹介してもらい・・・ひいこら脳神経外科まで行ったもののお医者様と相談して、結果怪我の処置だけしてもらうことに。
大きめのホチキスでパチパチン☆と二針分留めてもらったのでした。
痛いに決まってるだろうけれど、アキはなぜかこういう医療処置の痛みに強いので泣かなかった。すごいな。

大き目の怪我はいつかやるんだろうとは思っていたけれど、いざ子どもの鮮血を目の前にすると頭がフリーズ、どうしていいのか判断できなかったのでした。
周りでいろいろ言ってくれていたママ友さんたちの声も聞こえていたけど、覚えていない。
怪我したわが子を目の前に落ち着き払える親の方が珍しいと思うけれど、それにしても私は動揺しすぎで、でも落ち着こうという気持ちもあり・・・
うーん、あまり当時のことを思い出せないのだけど、最善を模索するためにというか周りにどっしりした人物だと思わせたくて落ち着いているように見せようと思っていたのかも知れない。
そんな緊急事態でも人目を気にしていたのかと思うと恥ずかしいな。

抜針は今度の金曜日。

[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-08-22 21:40 | こども | Comments(0)

帰省の帰り道に今年も函館

f0171453_14490499.jpg
青森を発って、去年と同様函館のお友達(のおばあちゃん)のおうちへ泊めてもらったのでした。
これもまた台風の影響?新幹線は25分ほど遅れて到着。想定外の待ち時間。
新幹線は満席で通路に立ったままの人もチラホラ。
指定席なのに一瞬早く私たちの座るはずの席に着席したおばあちゃんが居て、不要なやり取りがあったり、少し離れた席ではゲームの対戦で大騒ぎする親子も居て、なんだか落ち着かなかった。汗


More
[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-08-17 15:35 | ダイアリ | Comments(0)

浅虫水族館

f0171453_09324120.jpg
帰省中はお天気に恵まれず・・・で、雨に当たらないところを求めて久々に行った浅虫水族館!
私にとっては本当に久しぶりの浅虫水族館。20数年ぶりくらいかも!とアキより興奮したのでした。f0171453_09364992.jpg

建物は変わっていなさそう。水中トンネルだって記憶にあったとおりに見える。
けど展示内容は地域性を持たせてあって工夫が見られた。陸奥湾のさかなとか、ホタテの養殖の網棚を見せていたり。
昔の水中トンネルは特にどこの海なんてくくりはなく、いろいろな魚が泳いでいた気がする。
ウサワの昔ながらの水中トンネル→ 
今このようなトンネルを作ろうとするとこういう鉄骨はなくして、ずーっとクリアな水槽面になるのかな。
雨だったしお盆時期だったから混雑もしていたのだけれど、展示はたいして並ぶこともなく、しっかりと一通り見ることができたのでした。
田舎の良さが出た。

ちなみに水族館へ行くときに夜越山(夜越山森林公園)という場所を通ったのでした。
この地名になんとなく覚えがあるな~と母に伝えたところ「子どもの頃に何度も来た」とのこと。
私がそのことをうっすらとしか覚えていないことをちょっと怒られた。せっかく遠いところに連れてきていたというのに!って。
本当だわ、私もせっかく頑張って連れてきていたのにそのことをアキに忘れられていたら、やっぱりちょっと気を悪くするかも。笑
名前と来たことあるかも・・・くらいしか覚えていなかった夜越山、平内町にあるということは今回初めて知った。
そして実家から遠いというイメージを持っていた浅虫水族館は思っていたより遠く感じなかった。
母は遠出だと行っていたけれど、車で行ってみてこんなもんだったかなと感じたのでした。
これは北海道スケールに慣れているせいなのかも知れないな。

[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-08-16 10:21 | ダイアリ | Comments(0)

虫取り三昧

f0171453_17414843.jpg
いや、嘘だ。三昧はウソ。
青森へ帰省してきたのでした。

初日は写真の通り虫取りをしたのだけれど、その後数日は台風の余韻でずーっとずーっと雨で、外で何か、というのはまるでできなかった。
とりあえず、虫には事欠かない田舎なので外で活動できた初日(しかも1時間位・・・)の虫取りの成果を記録する。
虫が苦手な方はMoreは見ないことをオススメします。
たくさんではないんだけど、こういうことって数の問題ではないのでしょう?きっと。


More
[PR]
# by kurokurosusukoji | 2017-08-15 18:28 | ダイアリ | Comments(0)