<< どうなのだ? 干せない枕 susu >>

コケラ

f0171453_20495617.jpg

雪、降ります降ります。

そんな今日、とある舞台劇の公演のお知らせを見ていたら「杮落とし」という言葉を発見したのです。
杮落とし。
なに?カキオトシって…実体、と少し疑問に思ったのですが、「こけら落とし」の逆の意味…のような雰囲気でその公演を開催する場所での最後の催し物だよ、この建物はこれを最後に無くなるのだよ、とかそういうことなのだろうと勝手に解釈してしまいました。…よく考えると本当に本当に勝手だ!

なんとなく納得してその時はそれで終わったのですが、じわじわと後から「何故柿を落とす?」と尤もな疑問が湧いて止まらなくなったので調べてみることに。

「杮落とし」=「こけらおとし」

!!

…カキオトシじゃないのね。これで「コケラオトシ」って読むのね。良かった。人に言う前で良かったぞ!

コケラというのは木片のことでこれらを払う(落とす)ことで工事を終えたということなのだそう。
さらに、漢字は柿(カキ:木偏に市場のイチ)ではないみたい。本当のこけら落としは木偏に旁は市の真ん中の棒が突き抜けているものなのだとか。
ためになったねぇー。ためになったよぉー。調べるって大切だなぁ。

ちなみに、こういうパターンで「瀟洒(しょうしゃ)」の洒が「酒(さけ)」ではないという気づきも最近あったのでした。ほら、横棒が一本少ないの!

勘違いならばともかく勝手な思い込みはやめようねと、そうっとしかし切実に自分に言い聞かせているのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-01-10 21:58 | ダイアリ | Comments(0)
<< どうなのだ? 干せない枕 susu >>