<< 猫迫る 嵐の夜は >>

折り紙本

f0171453_158342.jpg

先日参加した製本教室で教わった折り紙で折るミニミニ本。ちゃーんとページもめくれるのですよ。侮ることなかれ。
写真のものは3センチほどのもの。お手軽で可愛らしいです。
5冊分の収納箱も作ってみました。一冊分の箱を作っても楽しそう。
元ネタは外国の方の発案らしいのですが、背をつけたり、写真では見えませんがカバーにあたる折り返しの部分の角を折り、より本物のカバーらしく見えるようにしてあるのは教えて頂いた先生のアレンジだそう。
しかもこだわりの丸背。より高級でしょ、と先生のお話。

教室に参加してからなんとなく力が抜けてほけーとしたまま過ごしています。
疲れた ともまた違うと思うのですが。
教室に参加したことがそれほど自分にとって大きなことだったんだなぁと思うのですよ。
以前、知り合いの方がフィンランドへ念願の一人旅へ出かけ、帰国後およそ3か月間もブログを更新することにさえもやる気が起きなかったとおっしゃっていたのを聞いたことがあります。
今ならその気持ち、わかるなぁ~とぼんやりと思うのです。
…だいぶ規模が違いますけど。

今は折り紙でせいいっぱい。というか折り紙が楽しい。
やりたくないときはやらない。そういうことをわりと自分で選択できることが増えたのが大人になって一番うれしいことかも知れません。
あーでも逆も増えたのか…。じゃあトントンだ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-02-23 15:27 | ミユキ製 | Comments(0)
<< 猫迫る 嵐の夜は >>