<< 恒例確認 コラタマラン >>

ザリっとする夫婦

f0171453_2259157.jpg

久しぶりに砂浜へ出かけてみたのです。朝6時に。

やー…
寒いとわかっていつつ出かけた浜だったのですが、想像以上の強風が吹き荒れ本当に寒かったのです。
今時期の北海道の海はまだまだ厳しいものです。
そんな砂粒手の混じる強風にも負けじと何をしに行ったのかというと、「何かステキなものを探す」という乙女な理由。漠然としてますねぇ…。

浜では寒さ対策に持っていったストールを頭からほっかむり、猫背で砂地ばかりを見て歩くというおよそ乙女とは程遠い格好でうろついておりましたが、ガラスの浮玉(小)といくつかステキデザインの瓶を拾って帰りました。




f0171453_2315575.jpg

砂浜は広くってもちろん美しいところもあるのだけれど、吹きだまりなどはゴミだらけで、ビンとペットボトル、それとなぜかめちゃくちゃに破壊された冷蔵庫などが多かったのです。
瓶に関しては特に栄養剤が群を抜いて多く、続いてが酒類の瓶。
土地柄ロシアのお酒の瓶が多かったのです。ハングルの書かれたものもいくつか見受けられましたが、もちろん一番は自国の瓶、ゴミ。他の国を責める前に自国のゴミをまず減らさないとなぁ…と溜息が出るほどの汚れ具合だったのです。一日のゴミ清掃活動だけではとてもきれいにできない程にゴミが溜っている部分もありましたよ。

とにかく風が強かったので、髪の毛もごわごわとして、耳の中もざりっとした感じ。
何度も砂攻撃を受けましたもの。…すごく痛かったー…。三番目の兄さんもザリザリしておりました。
家に戻りシャワーを浴びたとろこ、排水溝へ砂の道ができたのです。
全く懲りてはおりませんけれども。また行きますよ。きっと。
今度のお休みの日には拾ったビンを洗浄してみようと考えているのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-12 23:22 | ダイアリ | Comments(0)
<< 恒例確認 コラタマラン >>