<< 洗って 見る ザリっとする夫婦 >>

恒例確認

f0171453_21133391.jpg

「札幌駅の北口の花壇にふた株、エゾエンゴサクが毎年花をつける」

今年も。
こういうことに興味を持ってくれる人は私の周りにはいないので、今年もこのことは自分だけの心の底に収め、そのおかげで少しぬくまるのです。
分かち合いたいのだけれどもなぁ。この暖かくなる感じ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-13 21:15 | Comments(4)
Commented by qoobox at 2009-04-13 22:28
こんばんは。
エゾエンゴサク、茶色の地面できれいに咲いてますね~。
きれい。
同じく興味を持っていないと「へ~」ってなっちゃいますもんね。
毎年健気に咲く花、多分私も嬉しくなると思います。
Commented by ミユキ at 2009-04-14 16:04 x
qooboxさんこんにちは。
おおお、この喜び分かち合えました!^^
きれいな花色ですよね。この子は少し薄めの色のようです。

花壇といっても街路樹のために開けられている空間で、特別手入れなどはされていないようです。
ちょっと山の方にいくと大群で咲いていたりする花ですが、見つけた時には「こんな街中で?」と驚きました。

周りの人に話しても「そもそもその花を知らない…」という感想で終わってしまうのが切ないです。
何年後かにはもっと増えて花壇いっぱいになるのでしょうか。
ちょっと楽しみ。
Commented by グロッポ at 2009-04-21 01:01 x
漢字では「蝦夷延胡索」って。
トリカブトっぽいけど、食べれちゃう。
あっ、デリカシーなかったな。ゴメンナサイ。

おさんぽコースにもうじきヒトリシズカが咲く筈です。

好きな人の誕生花です。

5月には「秘密の花園」にニリンソウを摘みに行きます。

そういえば、「春になったら苺を摘みに」って梨木香歩さんのエッセイが好きです。

Commented by ミユキ at 2009-04-22 17:59 x
グロッポさんこんにちは。

エゾエンゴサクが食べられるって、最近調べてみて初めて知った事でした。「スプリング・エフェメラル」って言葉も。

梨木香歩さんのエッセイ私も好きです。
「春になったら苺を摘みに」ではゼラニウムの挿し芽には水をあげてはいけないということを学び、この冬実践してみました。
ちゃんと根付いたみたいです。

…「秘密の花園」が気になりますね…グロッポさん^^
<< 洗って 見る ザリっとする夫婦 >>