<< 茗荷 これもその一枚 >>

八列

f0171453_20444255.jpg

今年も義母さんが八列とうきびを作ってくれたのです。
昔三笠の道の駅で食べ、「わー美味しい」とついもらした一言から毎年ワタクシ・ミユキのためにお義母さんが作ってくれるのです。八列とうきび。
本日は少し遅めですが未収穫分をわっせわっせともいでまいりましたよ。八列とうきび。
とうきび自体も大変面長なやつなのですが、草丈もとても高いため風でばったっばたなぎ倒されておりました。だから育てにくいと敬遠されちゃうようです、八列とうきび。
列が八列あるから八列とうきび。
f0171453_21102365.jpg
ゆでても実が硬くって、ワタクシ・ミユキはそこが大変気に入っているのです。むにむにと咬むと良い。八列とうきび。
ただその硬さ故、家族内では評判が良くなくって誰も食べず、なんだかミユキにノルマ的にまわってくるものの、好きだからと言って全部は食べられず余してしまう八列とうきび。すごく厄介者扱いされているのです・・・。
さて来年は作ってくれるだろうか・・・八列とうきび。

ちなみに「どうせ出荷しきれず余して腐らせるんだからほしい人にわけてくれ」と普通のタイプのとうきびも託されました。黄色いのと白いのと。
たんと持たされたので、帰り道にヤマウチさんに嫌がらせのようにおすそわけ。
すぐに茹でて食べ比べてみたのですが、甘みは白い方が勝ち。だけれど食べ慣れている食感が心地よくミユキとしては黄色いのの勝ち。なのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-09-06 21:27 | ダイアリ | Comments(0)
<< 茗荷 これもその一枚 >>