<< 飲む会 風船 >>

右と左

f0171453_20481877.jpg

ついさっき三番目の兄さんは長期出張へ出発したのでした。あ~あ。
楽しそうにDVDとパソコンとまんが本をたくさん持って、行っちゃった。

これからしばらくがさびしいのは本当、けれどその陰にはちょっと楽しみ自由時間が隠れているのです。
いそいそ出張の準備にいそしむ三番目の兄さんともども、ワタクシ・ミユキも一人暮らしの準備をしていたのでした。
準備のひとつ、本も何冊か買っておいてあるのです。
そのうちの一冊は「水晶の本」。
水晶とはなんぞや、水晶の種類など書かれている本で本屋さんの店頭で文中に見つけた「右水晶」と「左水晶」というワードが気になって購入。
だいぶ素人でも分かりやすく書かれていると思われるのですが、「珪素イオンはプラス四価の電荷を持ち…」など、もう授業でそんなような雰囲気の言葉が出てきたと思われるあの頃を思い出しても理解できない言葉に翻弄されているのです。
ひとつだけへー!と思ったのは「アメジスト」の正式な名称は「アメシスト」だ、ということなのでした。
・・・ちゃんと勉強しておけばもっと水晶について理解できたろうに。
勉強し直すったって、どこからどう始めてよいものやら・・・。

堀秀道の水晶の本

堀 秀道 / 草思社


[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-03-05 21:30 | ダイアリ | Comments(0)
<< 飲む会 風船 >>