<< エゾエンゴサク やっときたGW >>

白い私

f0171453_2013485.jpg

三番目の兄さんと「アダノンキ」にて開かれたムックリの制作教室に参加してきたのでした。
ムックリ全道大会での優勝者が先生。すごい!

音を出すために弾く部分を彫刻刀で削り、ひもを取り付ければ完成というキットを使用し、作成したのですが思った以上に力のいる作業で、写真からはもう残力がゼロという真っ白なミユキの様子が伝われば幸い。
アダノンキのふーさんに「繊細な削りかす」と評された削りかすからは「失敗こわいよー」というささやきが聞こえてきそうなのです。
もうちょっと作成途中も撮影するつもりだったのですが、もう削りだすのに夢中(必死?)になってしまい、すっかり忘れてしまっておりました。

ムックリとはアイヌ民族に伝わっている口琴で、口腔や体を利用して音を響かせるもの。
みょんみょんと響き、尾を引くような音がするのです。
聞いているとだんだん頭の中にも音が反響し出し、その音に頭の中が占拠されるような気がする不思議な楽器。
以前三番目の兄さんの知り合いであるポロトコタンの館長さんにこのムックリを頂戴したことを思い出し、制作教室の事前に練習してみたのですが、音出ず。
もらった時には口そして指からも流血してしまい、ムックリを血で染めるほど練習したのに・・・。
完成したムックリはとりあえず音が出たし、先生の指導でほんの少しですが音を出すこともできたので一安心。本当のマイムックリができたのでした。
また練習のしすぎで早速左の指には血が滲んでおりますよ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-05-05 20:45 | ダイアリ | Comments(0)
<< エゾエンゴサク やっときたGW >>