<< 落ち着けば あめりか大医平文先生ぢきでんの >>

先生は小学生

f0171453_22564664.jpg

お仕事から帰ってきた三番目の兄さんの話はときどき面白いのです。
正直、妻なのに夫の仕事内容をあまり知らないのですが、ここ最近はもっぱら現場で作業をしているのだそうだ。
朝、三番目の兄さんが現場に備え付けてある小型のホワイトボードに注意事項や仕事内容を書き込むのだけれど、どうも気がつくと書き換えられているぞ?ということがずっと続いていたのだそう。
イタズラということではなくって、例えば「土曜日」の「土」の下の棒が短めだったのをきちんと長くのばしてある、とか「ろう下」が「廊下」になっていたり、「気をつけましょう」に「気をつけましょう!!」と「!」が付け足されていたり・・・等々。
いつも夕方に気がつくと既に添削されていたのだそうだけれど、今日ついに犯人、いや、添削先生を目撃。
添削先生は小学生の女の子で学校帰りにホワイトボードを真剣にじっと眺めた後、おもむろにマジックできゅきゅっと直していたのだそうだ。
今日は「廻り」という字が「しんにょう」に書き換えられていたとのことで、先生初めてのミスじゃないかとちょっと現場が騒然となったという話が晩御飯のおかずだったのでした。
そして、その子をしからないでやった三番目の兄さんがなかなかいいぞ、と思った次第なのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-06-14 23:00 | ダイアリ | Comments(0)
<< 落ち着けば あめりか大医平文先生ぢきでんの >>