<< 秋であると自慢したかった オツカレサマ! >>

あれどうなりましたかね

f0171453_21235252.jpg

8月10日に書いた件について書こうと思っていつつ、忙しいお盆を過ごしたのでした。
奥様に依頼されて蔵書印を作り、古本屋さんを営んでいるだんな様へお誕生日プレゼントとしてお届けにあがるという、あれなのです。
12日にちゃんとお届けにあがってましたよ。
お店には個人的に何度かおじゃまして本を何冊か買ったことがあったのですが、最近はすっかりご無沙汰で、ご主人もワタクシ・ミユキのことは覚えていてくださらなかったのですが(いや、至極当然)このお店ではこんな本を買いましたと言った途端、「はい、はい、その作者の本を買っていったお客さんがいましたね!」と思い出してくれたのでした。
買われていった本を覚えているなんて、流石・・・!

蔵書印を手渡すととても喜んでくれて、しばしじっと印面を眺めた後、いろいろと質問を受けたのでした。
質問に答えながらも、こうやってこうやって私の作った蔵書印たちは会ったことのある人無い人さまざまな人の手に渡ってていくんだ、とじんと来たのでした。
ご主人とは30分ほどおしゃべりさせていただいたのですが、一番嬉しかったのが
「今度時間があるときに遊びにおいで。珈琲をお出ししますから」の一言。
!!
古本屋さんがますます好きになったのでした。
ちなみに蔵書印を依頼した奥様はワタクシ・ミユキの制作した「古本屋さんを困らす紙片」についても大変気に入ってくださっているとのことで、そのことについても大変嬉しく思っているのです。
ああ作って良かった。本当に作って良かった。嬉しいし、辞めずにつなげていこうという気持ちがふわり湧きあがったのでした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-08-16 22:12 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)
Commented by コエリ at 2010-08-17 23:30 x
心温まるお話ですね 良かった良かった ありがたいことです
Commented by ミユキ at 2010-08-18 18:56 x
コエリさん、こんにちは。
はいー。とてもとても嬉しかったです。
コエリさんまで喜んでくださるとは、ありがとうございます。
<< 秋であると自慢したかった オツカレサマ! >>