<< ピアスを頂戴する ご紹介 >>

思い違い

f0171453_1611580.jpg

朝から街に用があって札幌駅周辺をうろついていたのでした。
バスに乗って帰りましょう~とバス停で待っていたのですが、時間になってもバスは来ず。
バス停近くでスタンバイしていた行き先違いのバスの運転手さんがやってきて「一本前のバス(ワタクシ・ミユキが乗ろうとしていたバス)が遅れているのでどうぞバスの中でお待ちください。」と言うので、行先は違うのだけれど、そうか、遅延しているバスが来るまでこのバスの中で待たせてくれるのかと素直に他のお客さんとともに乗り込んだのでした。
お目当てのバスはまだ来ないのかな~とそわそわしていたところ、「それでは時間となりましたので」とバスはなんのためらいもなくブーンと発車。
うそつきー!と心で叫んでいたのですが、一緒に乗り込んだお客さんは特に慌てる様子もなく静かに揺られており、このバスに乗る予定の人達へ向けた言葉であったか!とやっと理解できたのでした。
勘違いしたのはどうやら一人だけで、どこへ連れて行かれるんだろうとドキドキしつつ、けれど決して間違えたわけじゃなくってよ!という見栄を張りたいがために、ギリギリここならまだ自力でバスを乗り換えることがきる!と判断したバス停まで乗り続け、そこで本来乗りたかったバスを待ち、無事家に帰りつくことができたのでした。
朝から勝手に大冒険の一日、ちょっと肩が凝っているのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-01 17:25 | ダイアリ | Comments(0)
<< ピアスを頂戴する ご紹介 >>