<< 歳末林檎 とある冬の一日 >>

珍田の文庫的今年の一文字

f0171453_1834016.jpg

テレビではたくさんの有名人が今年の一文字を発表していたので真似してみたのでしたー。
珍田の文庫的今年の一文字はズバリ「受」。
一箱古本市のお誘いを受けたり、アダノンキさんでは「私の棚」へのお誘いを受けたり、ちょっとマイナスな面では職場からの契約解除を受け入れる等・・・流されるまま今もなおぷかぷかしているところ。
近年稀に見る激動、いや激流に乗った一年だったのです。
願望はあれどなかなか行動に移せない自分にはこれくらいの激流がちょうどよかったのかも。

振り返ると珍田の文庫としての活動は全て周りの温かい方々から頂いたお話だったので、来年はこの受け身を保ちつつ(保つんだ・・・)、けれども自分からも積極的に行動できるようにと思っているのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-11 18:54 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)
Commented by ゆみこ at 2010-12-11 23:04 x
こんばんは。またまた素敵な作品がアップされていて、思わず釘づけになってしまいました♪ ほんとうに、見ているだけで幸せな気持ちにさせられます。
じつは先日、みゆきさんが作ってくださった膝掛けを持ち歩いていて、とある場所でかけていたのです。そうしたら、それを見た知人がそれを手編みであると知って驚き、大絶賛しておりました♪♪
わたしまで鼻高々となり、みゆきさんから膝掛けをいただいたエピソードやら、ハンコづくりのお教室の話までさせていただきました。
これからのみゆきさんのご活躍も目が離せません!
楽しみにしていますね。ではまた。
Commented by ミユキ at 2010-12-12 10:31 x
ゆみこさん こんにちはー。今日は朝から雪ですね。
膝掛け使っていただいているのですね!すごい嬉しい!
しかも大絶賛なんて、もったいないことです。あんなんなのに;
編み物、もっとうまくなりたいなぁと時期的にそんな願望も湧きあがってきています。

また近いうちに会えればいいですねぇ^^
はんこも精進しますので応援してくださーい。
<< 歳末林檎 とある冬の一日 >>