<< ぼんにゃり 会いに行く >>

無事に終了したのでした

f0171453_2002613.jpg

本日、古本とビール アダノンキさんで「消しゴムハンコで蔵書印を作ろう」講座を無事に済ますことができたのでした。忘れ物などしていなくて良かった・・・。

二度目の講座となるのですが、またまた個性的な素敵な生徒さんばかりで大変楽しい時間を過ごすことができたのでした。体調を崩されてお休みすることとなった方がおひとりおられたのですが、いつかお会いできればいいなぁ、とぽつと思う。
お休みされた方の席にはお店のアダノンキさんが座り、はんこ作りに参加してくれたのでした。

前回も思ったのですが、蔵書印のデザインなどは個性がそりゃ当然でるのですが、彫っている間の姿勢、彫り跡なども個性があって面白いなぁと思うのです。
比べて見ているわけではないのですが、これが講座を開催する醍醐味よね・・・としみじみ。小学校の先生ってこんな目線で生徒を見ているのかなとか思ったりもして。
珍田の文庫だけが面白がっているだけではいけないと思うのですが、講座に参加されている方みなさんが楽しんでくれている様子が伝わってきたのでほっと安堵。
「帰りに消しゴムハンコの材料を買って帰ろう」なんて聞いたものなら、なにか役割的なものを果たしたような気がしてまたしてもほっと安堵。
実は時間中何度も安堵していたのでした。

また今回のような講座を開くことができたら、その時はまたみなさん参加して下さいね。楽しいからー。きっと楽しいからー。
そして場所を提供してくれたアダノンキさんどうもありがとうございました。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-30 20:25 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)
Commented by fizo mozoです。 at 2011-01-30 23:00 x
みゆき様、お疲れさまでした。
とても分かりやすい解説で楽しく、サクサク判子が出来たので
行ってよかったなあっと、喜んでいます(^^
あの後、fizoが部屋のあちこちに押すので家の中はクマ印で
いっぱいになりました。

時間を忘れてしまうほど楽しいお時間、ありがとうございました。
Commented by ミユキ at 2011-01-31 07:32 x
fizo mozoさま。
参加頂きありがとうございました!
わかりやすく・・・と言っていただいて嬉しくなりました^^
使ってこそのはんこ、どうぞ部屋を埋め尽くす勢いで押してください。
こちらこそいろいろありがとうございました。
<< ぼんにゃり 会いに行く >>