<< 顔を出す 久しぶりに街中へ >>

見学

f0171453_1247645.jpg

リサイクルショップで目が合ったペンギンの引き車。かわいいなぁ・・・そして除菌スプレー中。
三番目の兄さんこと我がオット、出張から戻ってきております。
ちょっと家を空けては2・3日で戻ったり、一か月帰ってこず・・・と思えば思わぬときにひょっこり戻る。通い婚か!涙で袖を濡らせないよ。

先日参加した病院主宰のマザークラスは全過程終了となったのでした。
一応全て出席することができて一安心(バスに乗り遅れて遅刻した回があったので一応)。
最終日は実際入院することになる病棟を見学したのでした。同じ病院内とはいえ、普段診察を受けている場所とは階数も棟も違うため、初めて足を踏み入れたのでした。
大体7~9か月の妊婦さんが20人近くで病院内を大移動していたのでちょっと注目を集めたのでした。壮観だよね。

病棟は思ったより静かでちょっと意外だったのでした。
赤ちゃんの泣き声とかでもっと騒然とした雰囲気かと思いきや、淡々としているというのか、充実しているというのか独特の雰囲気。ああ、今思い起こすとあまりベビベビした飾りなどが無かったからかも。
陣痛室や分娩室も見学予定だったのですが(LDRはない病院。)、たまたま全て埋まっているとのことで見学はできず。
そこはちょっと残念だったのですが、いずれここに自分も・・・と考えるとちょっとどきどきしたのでした。
見学の最後に助産師さんが許可を得た上で、つい2日前に産まれたという赤ちゃんを連れてきてくれたのでした。
ちっちゃくて本当に赤い赤ちゃんがもにょもにょと手を動かしていて、赤子だ赤子だと妊婦軍団は大興奮。
「みなさんの赤ちゃんと同学年ってことになりますね、この子。」と言われた時には「そういうことになるのか!」とものすごい衝撃があったのでした。

あと10週間もすれば子を抱いている予定ではあるのですが、今だ自分が母、だなんて想像もつかないでいるのです。が一方、三番目の兄さんはすっかり「父」でいるのです。
お腹にむかって「お父さんだよー」と言った時には本当にびっくりしたのでした。
この人もう自分のことをお父さんって堂々と言えちゃうんだ・・・その素直さやおきらくさが羨ましいよ。
産まれてくる子は、体質以外は三番目の兄さんに似ると素敵だなぁと思ってしまうのでした。
そんな三番目の兄さんは今、子どものために三輪車が欲しいとのこと。
それはいくらなんでも早すぎますよー。

※LDRとは陣痛室と分娩室と処置室が一つの部屋になっているものだそうで、今になってそれっていいなぁと思い始めているのです。陣痛が始まってから部屋移動ってきつそうだもの。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-07-28 13:51 | ダイアリ | Comments(0)
<< 顔を出す 久しぶりに街中へ >>