<< まっすぐ縫う 見学 >>

顔を出す

f0171453_8295181.jpg

妊娠が発覚して以来初めて、三番目の兄さんの実家へ顔を出したのでした。お久しぶりです。

妊娠が分かってすぐにひどいつわりに襲われ、やっとつわりが終わったと思った途端に切迫流産による外出禁止の期間がずっとだったのだもの、半年以上ぶり。
時間がなかったので30分くらいで帰ったのですが、新鮮な野菜をたくさん食べよ!と、おみやげには野菜をたくさん頂戴したのでした。
毎年頂戴しても使いきれるかなぁ~と心配の種になっていたミニトマトも、今年は一日に10個以上ぽいぽい食べているものだから、もらえばもらえるほど嬉しい!本当にトマトが大好きになったなぁ・・・。

義母さん・義父さん、三番目の兄さんのお兄さん夫婦もワタクシ・ミユキの妊娠を想像以上に喜んでくれていたようで、「ミユキちゃんなしで(ミユキの)懐妊のお祝いをしちゃったよ~」とのこと。
・・・それは正直、私も入れてやってほしい・・・。
お腹の人は男の子なんです、と報告をするとそれはまたそれで大喜び。おそらく女の子でも大喜びしただろうけれど。
みんなの良かったー、良かったーの連呼が面白かったのでした。
今まで本当はいろいろと聞きたいこともたくさんあったんだけれど、あんまりしつこく様子を聞いても迷惑になるだろうと思って連絡はあまりしなかった、とっても心配していたんだよ、とのこと。
義母さんに至ってはおみやげ用の野菜を畑から採ってくるときも「大事にしないと。妊婦に重いモノは持たせられん。」と大根一本すら持たせまいとしてくれたのでした。
ずいぶんと心配をかけていたのだなぁ。
「またお祝いしないと」「何か欲しいモノがあったら言いなさい」「プレゼントは何がいい?」「無理はしないようにね」「腹帯はしないのか?」「ミユキちゃんが食べたいものを考えておきなさいよ、ごちそうするから」
たくさんのありがたい言葉に送られて三番目の兄さんの実家を後にしたのでした。

義母・義父さんにとっては4人目の孫になるし、元々男の子が多く生まれる血筋のようだし(だので姪っこが生まれた時は奇跡と言われたらしい)、喜ばれないってことはないだろうけれど、そんなに大騒ぎはされないだろうなぁと考えていたのです。
けれどもそれは考え違いで、お腹の中の人はちゃんと、既に、みんなに、愛されているのだなぁと思ったのでした。
良かったねーお腹の中の人。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-08-01 09:05 | ダイアリ | Comments(2)
Commented by りま at 2011-08-02 21:21 x
お久しぶりです!こんばんはー^^
男の子が多く生まれる血筋…!ほうほう、そのような事があるんですね。
新鮮野菜をたっぷり食べて、ご自愛くださいませ。
Commented by ミユキ at 2011-08-03 09:28 x
りまちゃん お久しぶりです!
そうなんですよー。実際三番目の兄さんも男ばかりの三兄弟だし。
どうしてそうなるかは謎なんだけどね・・・。

今は野菜、というかミニトマトばかり食べているので体の半分以上はミニトマトで出来ているかもよ。
<< まっすぐ縫う 見学 >>