<< 謎の草 まっすぐ縫う >>

10年続くかな

f0171453_12432111.jpg

半端な日付ですが、7月31日から日記をつけているのでした。
お腹に子ができたと分かったあたりから日記をつけていたならば、あとあと読み返したら面白いだろうなぁと考えていたのですが、寝ているだけのつわりや、何が起こるわけでもない安静の日々は記録する気が起きずにいたのでした。
小学校の頃の予定の無い夏休みの絵日記の苦痛を思い出した・・・。
その間にも初めて胎動を感じた日とか、その胎動を三番目の兄さんも感じることができた日とか、誰それからプレゼントが届いたとか、いろいろ書きとめておくべきこともたくさんあったのだけれどもう過ぎたことは仕方がない。気持ちに余裕も無かったし。
ただ、大震災の日だけはさかのぼって書き込んだのでした。日付やその日の様子はすぐに思い出すことができたから。

日記はせっかくだから10年続けて書き込めるものが欲しいなぁと本屋さんを探したのですが、5年・10年日記って箱入りで豪華なものばかりだし、思ったよりお高くって。
そんなに肩に力が入っているようなものじゃなくていいんだけれどなぁと結局、お値段を考えてアマゾンで購入することに。そして届いたものは箱入りで豪華なもの。・・・もういいや。
一日に書き込む量は三行なので楽。メモ程度の内容しか書いていないのだけれども、いい思い出になるだろうなぁと思うのでした。特に妊娠している期間のこのさまざまな思いとか。

写真に一緒に映っているのは、先日ヤマウチさんより頂戴したメリーズの紙おむつ(試供品)のおまけ。
公園で配っていたそうなのだが新生児用ということで我が家にまわってきたのでした。
紙おむつはメリーズを買おうと考えていたので、とっても嬉しかったのでした。
紙おむつがもらえた~という喜びもあるけれど、あの人にあげようとワタクシ・ミユキを思い浮かべてくれたことが嬉しいのでした。ありがたいです。
もう紙おむつを使用することは決めているのですが、布おむつにも興味があることはあるのです。
ですが、なにしろ初めての育児。てんやわんやになることは必至で、だったらあまり力まずに初めは楽な方から始めてみようと思っているのです。
ちなみに「おむつなし育児」とやらにも興味あり。
ただ、今、そのおむつなし育児の本を読んでいるのですがちょっと大変そう・・・これも様子を見て取り入れられそうなところだけやってみようと考え中。

おむつなし育児―あなたにもできる赤ちゃんとのナチュラル・コミュニケーション

クリスティン・グロスロー / 柏書房


[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-08-04 13:32 | ダイアリ | Comments(0)
<< 謎の草 まっすぐ縫う >>