<< ちょっと不安 二つ目のおまもり >>

一週間ごと

f0171453_813427.jpg

37W6Dの検診日。お腹の中の人の推定体重は2381g。
おや、先週の検診時にも似たような数値を聞いた気がすると思い、データを見比べたところ、26gしか増えていなかったのでした。
推定体重のグラフの線も右上へ昇ってきていたものが、すっと横へスライド。
母体の体重は大増量フェアを開催中なので、お腹の中の人も大きくなっているかと思いきや、自分の身を肥やしただけであったのか・・・。

今回の検診ではNST(ノンストレステスト)を受けたのでした。
お腹の中の人がお産に耐えられるかどうか心拍を確認するテストのようなのですが、20分ほど診察室の奥の通路のようなところに寝かされ、ついウトウトしてしまったのでした。
ふかふかリクライニングの椅子でリラックスしすぎたのか、お腹の中の人がちょうど寝ているタイミングだったのか、どうも良いデータが得られなかったようで、助産師さんに「赤ちゃん起きて~!」とお腹をグワングワン揺らされて、さらにもう20分追加。
グラフ用紙が機械からずーっと出てきていて、最初の20分とお腹の中の人が強制的に起こされた後の20分の違いは素人目には分からなかったのですが、満足なデータが得られたようで40分で終了したのでした。

今回はNSTがあったのだけれど、基本的には問題もなく産気づくのを待つだけで、検診もほのぼのと「いつ生まれるかねぇ~」と先生とお話をして終了したのでした。
母子手帳の検診ごとに記入される欄もあと2回分で終わり。
もう妊婦でいられる時間もわずかなんだなぁと少ししんみりしてしまったのでした。
切迫流産・早産と言われたり、なかなかつらい妊娠期間だったのだけれど、楽しい時間でもあったなぁ・・・。
食べ物の好みのめまぐるしい変化や、気持ちの揺れようも今思えば面白い。
そうそう、妊婦さんにつきものの足のつりは一度もなかったのでした。
それとたまに聞くような、夢で赤さんの性別がわかったとかそういう神秘体験もなかったのでした。
思い起こせば初期の頃はよく幼い弟と神社の境内などで雪で遊ぶ夢をみていたかも・・・とかこじつけっぽいことは言えるかな。
つわりだけはもう二度とごめんだけれど、妊娠はもう一回くらい体験してもいいなぁとか思ってみたり。

・・・あ、まだお腹の中の人を産んでもいなかった。振り返るのはまだ少し早いか。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-09-21 08:53 | ダイアリ | Comments(0)
<< ちょっと不安 二つ目のおまもり >>