<< 三か月の記録 一応有効 >>

デジャヴ・・・?

f0171453_1374137.jpg

アキさんは二度目の予防接種を受けた!タラララ・タッタッターン♪
・・・なんて明るい気分ではなかったのだけれど。やっぱり小さな腕にぶっすり刺さる注射を見るのはつらい。
さらに予診票には保護者のサイン欄もあり、もし予防接種をしたことでこの子になにか起きてしまったら、保護者である自分に責任があるのだな、と考えるとずしんと来るものがある。
予防接種を受けるか否かを考えるとき、本当に目の前に先の見えない二又の分かれ道が見える気がする。
予防接種を受ける方の道を選んだ今は、アキさんの体調をみて、今日受けさせるべきかどうかの別れ道で迷う。

この冬一番の冷え込んだ朝、アキさんは予防接種を受けに出かけたのでした。
予約を入れる時には当日の気候なんてわからないものなぁ・・・。
一度目の予防接種経験はおよそ一か月前。接種前の診察あたりから「はて、こんな雰囲気以前どこかで・・・?」というような顔つきだったアキさんでしたが、いざ注射ぶっすりの段階になって、完全に思いだしたようで、ぎゃんぎゃん泣いたのでした。
デジャヴじゃないよ、アキさん。君は以前にもこの痛みを体験している。そして今後もしばらく続くのだー(鬼)。
予防接種を終えて待合室に戻ると、先月の育児教室で知り合ったMちゃんとそのお母さんがいたのでした。
おお、仲間が!(←勝手に。)と思うとなんだかそれだけでほっとしたのでした。

ちなみに病院へは、仕事へ行く時間を遅らせてくれた三番目の兄さんが車で送ってくれたのでした。
前日に翌朝は寒いだろうと早々と徒歩で病院へ向かうことを断念し、タクシー会社へ配車の電話をしてみたのですが、あっさり断られていたのでした。
「翌朝の配車を前日に頼む馬鹿がいるか?」・・・とは言われなかったけれど、それに近いことを言われ鼻でふすっと笑われて向こうから電話を切られたのでした。
タクシーに関する常識を知らなかった私も悪いかと思うけれど、もうこの会社のタクシーに乗ることはないな、とひっそり思う。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-01-12 15:37 | こども | Comments(0)
<< 三か月の記録 一応有効 >>