<< 天の川 もうひとつのほう >>

恐竜めづる姫君

f0171453_9382675.jpg


えっちゃんが遠方より5歳の娘さんを連れて遊びに来たのでした。
札幌へは泊まりがけで道立近代美術館で開催中の東山魁夷展と、月寒ドームの恐竜博を見に来たのだそう。
娘さんは恐竜がえらいこと好きらしい。恐竜好きな女の子か~素敵だね。
街中で会ってもよかったのだけれど、子ども連れに自信のない私のリクエストで自宅へ来てもらったのでした。
気温32度と暑かったから正解だったかも。えっちゃんには不慣れな土地を来てもらい申し訳なかった。すまーん。
さらにおみやげには、娘さんチョイスの恐竜柄の子ども服など頂戴した。おっ、さすが恐竜好き。

えっちゃんの娘さんとは3年前くらいに一度会ったことがあったのでした。
小さくて人見知りをしていてあまり話さなかったあの子が、目の前で私の子をあやしてくれている。なんか不思議な光景だな~と見守ったのでした。
アキさんをあやしてくれたお礼に娘さんには壜に入った金平糖をプレゼントしたのでした。
桃色や白、薄紫や赤色の金平糖が可愛らしかったし、自分が幼かった頃、こういう小さいお菓子を「お薬」なんて言って一個ずつ食べるのが好きだったよな~と思い出したので。
喜んでくれたけれど、さっそくふたを開けちゃって「こぼすから後で!」とお母さんに叱られちゃった。
ああー、こういうこともあったな。

写真はその3年位前のえっちゃん親子。
写真を見るまで忘れていたけれど、あの頃からこの親子ったら恐竜を見ていた。
確かたまたま立ち寄った北大の博物館の中だったな。
好きなものって生まれながらに好きなものなのかな。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-07-29 09:40 | ダイアリ | Comments(0)
<< 天の川 もうひとつのほう >>