<< 図鑑な夜 北海道の七夕 >>

初めて知る言葉

f0171453_12125150.jpg

ベビーサイン講習会の会場から脱出を試みるアキさん。こういうときにはおとなしくしていて欲しいなぁ・・・。

育児をする上で最近知った言葉があったのでした。それは「あせものより」と「たかばい」。
「あせものより」はあせもが悪化したもの。
雑誌の付録冊子で、赤ちゃんの肌トラブルの一つとして「あせも・あせものより」とありそれが初見。
あせも‐のより、あせもの‐より、あせ‐ものより?
・・・「のより」って?
検索してみても「あせものより」とひらがなで書いてあるだけで、どういうものかは分かったのだけれど、のよりの謎は解明されず。
「たかばい」は膝をつかないはいはい。
あきさんはときどき、両膝をつかないはいはいすることがあるのです。左膝は床につけて、右足は膝を立てて・・・でドタドタとはいはい。
育児書などで「たかばい」という言葉をちらりと目にしてはいたけれど、このあきさんの状態をみたとき「もしやこれがたかばいというものでは?!」とひらめいたのでした。
案の定、たかばい。片足だけなので「片足高ばい」。
この状態に気がついたときは、まさか足に何か異常があるのでは・・・と心配したのですが、その子なりのはいはいの仕方の一つらしい。
はー勉強になります。まだまだ知らないことだらけ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-08-11 12:17 | こども | Comments(0)
<< 図鑑な夜 北海道の七夕 >>