<< コンビ君 1歳の誕生日 >>

鮭の遡上

f0171453_920124.jpg

近所の川で今年も鮭が遡上をしていると噂を聞いたので、お散歩がてら見学に行ってみたのでした。
鮭ウォッチングの初心者なので、とりあえず目についた橋の上から川を見たところ、すぐに見つけることが出来た。
あんまりすぐ見つけることが出来たので「あ、いるわ・・・」と独り言。

二匹ペアでスイ・・スイ・・と泳ぎ、ときどき体を横にして、産卵?しているような雰囲気。
かと思えば「待て~」と聞こえてきそうな楽しげにふんわり追いかけっこをしてみたり。
思ったより穏やかなものなのだな・・・と眺めていると、通りかかったおばあちゃんがもう少し上流ではもっと鮭がたくさん、しかも激しく泳いでいると教えてくれたのでした。
「あんた、こんなもんで満足してんじゃないよ!」と言われた。
初心者ならではのミス。鮭の遡上はやはりもっと激しいものらしいのでした。
プロ(?)のおばあちゃんに教えられた場所へ移動してみると、本当!荒々しく鮭たちが水しぶきを上げて泳いでいたのでした。しかもたくさん!ギャラリーも大勢!



身をひるがえして水しぶきを高くあげるものもいれば、ものすごいスピードでさらに上流を目指しているものも。
産卵を始めている鮭は体がぼろぼろで、表面が白くなっているものもたくさんいたのでした。
もう命を落として、流されているものもいた。
まさに命がけ。さっきまで見ていた穏やかな追いかけっこは一体・・・。
ほんの数百メートル離れていただけなのに、こんなに違うドラマが繰り広げられていることにびっくりしたのでした。
鮭を撮影していたアマチュアカメラマンさんも3・4人いて、たまたまなのだろうけれどはみんな女性。
で、何をするわけでもなくじいっと鮭の様子を見ている人たちはみんなおじちゃんだったのでした。
おじちゃんたちは本当に飽きることなくずうっと鮭をただ見ていた。
何か・・・身を削って必死に遡上する鮭を見て思うところがあるのかな。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-13 09:20 | ダイアリ | Comments(0)
<< コンビ君 1歳の誕生日 >>