<< みんな寝る時間 1才3か月の記録 >>

もちつき大会

f0171453_15415676.jpg

ご近所の餅つき大会で、お友達親子と一緒にお餅を食べてきたのでした。
写真は「餅つきしたい人~」の掛け声に集まる人々、とそれを眺めるアキさん。
アキさんやお友達は初めてお餅を食べ、相当気に入った様子。

参加して良かった~、お餅もうまうまだった~と今は思うのですが、実はつい最近までこの餅つき大会に関して相当もやもやしていたのでした。
というのも、去年最後の子育てサロンでこの餅つき大会の告知があったのでした。
が私、しっかり聞いていなかったのです。
でもそのサロンの帰り道、仲良しママさんたちに餅つき大会の場所を尋ねられ、私、嘘を教えてしまっていたのでした。
そのときは本当に確信をもって答えたのだけれど、我がことながら本当に謎。その自信、一体どこから?
お正月を過ぎたあたりから「教えた場所はあっているのか?」と不安に思い始め、いつか確認しようと思いつつ過ごした日々は過ぎるのが早かった。
子育てサロンの主催者に電話で聞こうか、その電話番号は区の子育て課で教えてくれるのか。それとも会場(であろう場所)に問い合わせてみようか・・・。
そして、最終的に「きっとみんな餅つき大会にはいかない=確認不要」と最悪の着地点を見つけてしまっていたのでした。
本当に最悪だ!!
たまたま餅つき大会の2日前に、図書館で子育てサロンのボランティアさんに出会い、しかもボランティアさんの方からお餅つきの話題が出て、場所と日時が判明したのでした。
うう、出会えてよかった。
ママさん方に餅つき大会についてメールをし、レスポンスから、ほとんどのママさん方が餅つき大会を気にしていなかった、という雰囲気は伝わってきたけれど、信用を無くしかねなかったな・・・と反省しているのです。
不確かなことは言ってはいけない。当たり前のことだけど。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-12 16:06 | ダイアリ | Comments(0)
<< みんな寝る時間 1才3か月の記録 >>