<< 鬼が来た 棒 >>

ホルンの栞

f0171453_13481786.jpg

先日図書館から借りた「おかしな本棚(クラフト・エヴィング商會)」にホルンの形の栞が挟まっていたのでした。
「借りた本に挟まっている謎の栞」そして「ホルン」。
これがもう・・・なんというかクラフト・エヴィング商會っぽすぎて大感激したのでした。
あまりにもふさわしすぎたので、ひょっとしてもともとこの本についていたおまけ?と思い至り調べてみたけれど、そういう事実は無いみたい。
縦しんばおまけであったとしても、図書館で貸す本に挟んでおくってことはないか。
やっぱり私の前にこの本を借りた人の忘れもの、だよね。
図書館で借りた人をさかのぼって調べてもらえるのかな。本当は自分で調べてみたいものだけど。
どんな人なのかな。ホルンとなにか関係がある人なの?やっぱりクラフト・エヴィング商會が好きなのかな?
もちろん返却時にこのことは伝えるつもりだけれど、とりあえず、栞はなくさないよう大事に保管しているのでした。
特にアキさんはこういった類のものはすぐなくしちゃうから。


後日、図書館にメールで問い合わせてみたところ、本に挟まっていた物などは、遺失物扱いで図書館で保管することになるとのこと。
本を借りた人の情報はその都度、個人情報保護の観点から消去されるのだそうで、調べようがないみたい。
持ち主に無事に帰れるといいね、と思いながら栞の件を申告したのでした。

おかしな本棚

クラフト・エヴィング商會 / 朝日新聞出版


[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-28 13:49 | ダイアリ | Comments(2)
Commented by ユニット at 2013-01-29 13:52 x
こんにちは。今年もよろしくお願いします。
そういう凝ったものに偶然出会うと嬉しいですね。
ホルンの管のスクランブルが忠実に作られているのもいいですね。
Commented by ミユキ at 2013-01-30 17:57 x
ユニットさんおひさしぶりです。こんにちは。
本当に本当に嬉しかったのです。
ホルンの栞、金属製(詳しくないのでどんな、とは言えないのですが;)でとっても素敵です。
見つけたときは嬉しさと同時に「・・・もらっちゃっても分からないよね・・・ゴクリ」という黒い思いもわいたりして。
無事に持ち主さんに帰ればいいな~と思います。

そして今年もよろしくお願いします^^
<< 鬼が来た 棒 >>