<< 編み物 二年ぶりのビール(2月2日の出... >>

久しぶりに会う人たち(2月2日の出来事3/3)

f0171453_15293564.jpg

文言を追加しました。→ホルンの栞

アダノンキでビールを解禁した後は、昔の職場の人たちが企画した下氏の送別会に潜り込んできたのでした。
アキと離れて一人で街を歩いていることが不思議でたまらなかったなー。
ススキノでは雪まつりの準備中で、氷がだんだんと積み重なっていく様をしばらく沿道から眺めていたのでした。
あの氷の中のカニやシャケは誰が食べるのかな。

前の職場と言うのは2年ほど前、雇用期間を延長してもらえず、6年でおさらばとなった会社。
久しぶりに会った人たちと話したことと言えば、下氏お疲れ様・・・はあまりなく、(下氏の送別会なのに・・・)人の噂話ばっかり。
私は酔った勢いで、結婚のこと、子どものことなど、ついついおせっかいばあさんのようになってしまった。
実際メンバーの中では年上だった・・・。
思い返すと相当説教くさかったかも、私;。
正直、意気揚々と職場の話をされると、いいね、あなたたち。会社から必要だって言われて残っているんだよねー、なんてひがみのような気持ちがちらっと湧いたりした。
でもこうして二年たっても、普段連絡を取り合うことのない私を思い出してくれて呼んでくれたんだね、という感謝の気持ちもあり、そして久しぶりの飲み会、久しぶりのアルコール!ということもあり、結果相当楽しかったのでした。にひひ。

全員で8人集まったのだけれど、そのうちの6人は今もその会社で活躍している人たち。
まずそのことに驚いたのだけれど、よく考えればそうか、たった2年しか経っていないものね。
自分の2年があまりにも変化の大きな年だったので、その他のことも大きく変化しているような錯覚を起こしていた。
もうこの時点で世の中の大きな流れからはずれている私。
この感じ、取り残されたと寂しく思う人もいるのだろうなぁと思うけれど、ゆっくりした流れの副流に入った私は、自分の足元がよーく見えるような気がして悪い気はしない。




・・・次の日は二日酔いで一日寝ていました。(反省)
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-02-06 15:31 | ダイアリ | Comments(0)
<< 編み物 二年ぶりのビール(2月2日の出... >>