<< エドワードさんおめでとう 1歳4ヵ月の記録 >>

ながぐっちゃんの片方

f0171453_148133.jpg

家から一番遠い子育て広場へ向かっている途中、アキの長靴を片方落としてしまったのでした。
アキを連れてのご近所へのお出かけなら、そりを使って行くのだけれど、この会場へは住宅街の中の細い道を通るため、反って大変かもと思い、久しぶりに抱っこひもを使ったらこのざま。
慣れないことをするもんじゃないなぁ・・・。
気を使っていたつもりだったのだけれど、会場へ着いてやっと長靴が片方無いことに気がついたのでした。
やっちゃった。

初めは、帰りに元来た道をたどれば落ちているんじゃないかな?と軽く考えていたのだけれど、そう言えばあの長靴、三番目の兄さんがえらく気に入って買ったんだったな~と思い出し、アキは会場のボランティアさんに託し、探しに行くことにしたのでした。
アキが泣いちゃうんじゃないか、と不安に思いつつ、ザクザク雪道を走って家まで戻ったものの、見つからず。
見落としたのかなと、もう一度よくあたりを見ながら歩いたけれど、やっぱりない。
もう駄目かも。と諦めかけたとき、ゴミ捨て場の山もりの燃えるゴミの中に長靴を見つけたのでした。
思わず「あー!!」と叫んでしまった。
黄色いネットの下で、黄色いゴミ袋に交じって、黄色に似た色の長靴がちょんと置いてあった。
ちょうどこのゴミ捨て場あたりで落したのかな。
道に長靴が片方だけ落ちていたら、そしてそばにゴミ捨て場があったら、捨てる?捨てる・・・かな。
長靴を手にとって、ふと我に帰ったら途端に寒さが襲ってきて、コートを着ていないことに気がついたのでした。
慌てすぎだ。
一方アキはその間、一人遊び場をぐるぐると回遊していたのだそう。母親がいないことを気にするでもなく・・・。
同じマンションに住んでいて、仲良くしてもらっている親子さんからも「他の親子にスッと自然に混じって楽しそうに遊んでいたよ~」との情報を得た。
おお、えらい、けど、少し寂しい母心。

広場の帰り道、ゴミ捨て場の前を通ったら、もうゴミは回収されていてスカッとしていたのでした。
すごくドキッとした。あの時、探しに出てよかったー。
子ども用の靴が、片いっぽ落ちているのをたまに見かけることがあったけれど、こういうことなんだろうな。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-02-19 14:26 | こども | Comments(0)
<< エドワードさんおめでとう 1歳4ヵ月の記録 >>