<< パンダおにぎり 折り紙の独楽 >>

1才5か月の記録

f0171453_1339911.jpg

二年目の東日本大震災の日、アキは1才5か月になりました。
震災の日はつわりで寝ていたな、青森の母とたまたま電話で話をしていた時に揺れ始めたな、電話越しでも青森の実家の揺れが大きいことがよくわかったな、とあの日を思い出す。

身長と体重・・・は実はどちらもまだ計っていない。
子育てサロンにて体重計に乗ったところ、着衣で10.6kgあったので10kgくらいかな~と思う。
計りにいかないとなぁ。

話す言葉は特に進歩はない。
あ、「うまいね」とアキが言うたびに「そうだね、美味しいね」と返していたら、「オイシーネー」と言うようになった!
言葉づかいがちょっと丁寧になった。笑。
それと口には出ないけれど、三番目の兄さん=お父さん(と呼ばれている人) と理解しているっぽい。
「お父さんに渡して、食べさせておもらい~」とミカンを渡すと、ちゃんと三番目の兄さんへ持って行って渡す。
お母さん=私 はちょっと怪しい。

ごっこ遊びが出来るようになった。
絵本などで食べ物が出てくるたびに、ふわっとアキの口元にエアおやつをあげていたら、もぐもぐして「オイシーネー」+にっこりとするようになった。
「お母さんにもちょうだい」は無視。せつない。

食べ物は好き嫌いが出てきた。
苦手っぽいな~と思っていたブロッコリーを本格的に嫌がるように。

足の爪が変形している
これは生まれたときから気になっていたのだけれど、アキの足の爪はちょっとひしゃげている。
親指が特に真ん中がへこむような形になっていて、心配。
1才の検診の時に先生に聞いてみたのだけれど、その時は「まだ成長過程なので、爪の形が定まっていないんじゃないか」との話だったのだけれど、早くも爪の両サイドが巻き爪のようになっていて、不安。
今一度、1才6か月検診の際に聞いてみようと思っているのです。

そう、来月にはいよいよ1才6か月検診がある。
ああ、もうそんなお年頃なのね、とちょっとしみじみ、ちょっとびっくり。
自分も周りの大人にそう言われて育ったけれど、本当にあっという間なんだな。子どもの成長って。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-13 13:40 | こども | Comments(2)
Commented by nonomiku at 2013-03-14 09:38
こんにちは。^^

そうそう、私もつわりで苦しんでました。
なのであの時ヘビロテで放送されてたCM、
あれは苦手です。画をチラっと見るだけで気持ち悪くなります。><

あの日はね~、忘れられない。
職場から保育園が目と鼻の先だった事に感謝した日だった。
すぐに迎えに行けなかったママさん達は不安だったでしょう。

うちも一歳五ヶ月。
意思の疎通ができてきて面白くなってきましたね。^^
Commented by ミユキ at 2013-03-14 14:26 x
nonomikuさんこんにちは。

すっごく共感します。
あの時ずっと流れていたCM、本当にダメ・・・|||

そうか、nonomikuさんも大きな揺れを体験しましたよね。
あの震災は本当に事が大きすぎて、失われたものが多すぎたから、その陰に隠れて気づきにくいけれど、忘れられがちだった思いやりや人とのつながりの再確認、防災意識など得たものもあったのだ、と思いたいです。
もう起きてほしくないけれど、準備はしっかりしないといけないですね。
<< パンダおにぎり 折り紙の独楽 >>