<< 1才6か月の記録 雪の下 >>

保温鍋

f0171453_11264189.jpg

この冬、我が家では節電に成功したと、何度も自慢げに書いたのだけれど、ガスは・・・正直駄目だったのでした。
去年より使用量が増えた。
アキ一人増えた分、お風呂も調理もガスを使うよねぇ。仕方ないよねぇ。と言い訳。
とは思うものの、やっぱり抑えられるものなら抑えたいと、と保温鍋を購入したのでした。
圧力鍋も考えたのだけれど、勇気がでなかった。
小さい頃に圧力鍋の蒸気に当たると死ぬ!と思った恐怖は消えない・・・。(たぶん母が子どもを使用中の鍋に近づけないために言っていたんだと思う。)
あと、母が異様に圧力鍋は重い!めんどくさい!って言っていたってこともあるな。
今は扱いやすくなっているんだろうとは思うけど。

保温鍋と言えば、シャトルシェフだよなーと思ったのだけれど、シャトルシェフは高価だったので、ネットで安い保温鍋を見つけたのでした。
送料込みで4000円弱。
実は保温鍋の検討を始めたのは冬の始まりのこと。
季節がら煮込み料理も増えるだろうし、アキのご飯作りにも役に立つに違いないと思ったのだけれど、保温鍋を買うためにamazonのポイントを集めていたら、もうこんな季節になってしまった・・・。
しかもポイントは貯まったのに、同じものが楽天でもっと安くあったので、結局楽天で買っちゃった。

保温鍋は今のところ、良い仕事をしてくれているのです。
ロールキャベツなんて感動ものだ!
一度、保温鍋に料理をセットしたまま忘れてしまい、翌朝腐っていた057.gifという悲劇はあったものの、忘れないよう気をつければよし。
よく考えてみれば夏だってカレーとか煮込み料理はたくさんあるし、そうめんをゆでる時も使えそう。
ガス代に多少でも影響が出てくると嬉しいなぁと思っているのでした。

保温調理鍋でスロークッキング―安心、安全、経済的

渡辺 純子 / 文化出版局


[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-08 11:52 | 暮らしを見直す | Comments(0)
<< 1才6か月の記録 雪の下 >>