<< 絵本を三冊 お久しぶりの人 >>

兵児帯

f0171453_1304547.jpg

実母からお中元と一緒に紺色の兵児帯が届いたのでした。
二ヵ月ほど前実家に戻った時に、私がうっかり持ってき忘れたもの。
帯の絞りの柄が気になる。こりゃなんじゃ?UFO?

母から、アキへと弟が幼いころに着ていた浴衣を頂戴した。
合わせる兵児帯は萌黄色のと今回送られてきた紺色のものがあり、頂戴した浴衣には萌黄色の方が合うなぁと思ったのでそればっかり頭にあって、紺色のほうは忘れてきてしまったのでした。
送られてきて、ああよかったと思ったのでした。
後からよく見ると、萌黄色の兵児帯はもらった浴衣にとても合っているけれど、虫食いやシミがあり、実は紺色の帯も持ってくればよかったと後悔していたのでした。
弟が着ていたのだから、浴衣も、帯ももう二十数年前・・・いやいや、30年前のシロモノ。
その割にはこの紺色の帯はしっかりしている。

もらったもの以外にも浴衣(そして着物)はまだまだある。
母が和裁士をしていたので、着物や浴衣は今時にしてはあるほうだと思う。
ちなみに私が着ていたものも。
振袖なんて小さいころから合わせると軽く10枚はあるぜ!(地元のお祭りで藤娘や潮汲みをやる際にも必要だったから)
なので母は孫は女の子もいればいいと考えているみたいだけれど・・・いや~あのつわりを考えると二人目なんて私には無理。
残念だけれど、私の着物と浴衣は出番はなさそう。
虫にくわれないといいけれど。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-07-31 13:18 | ダイアリ | Comments(0)
<< 絵本を三冊 お久しぶりの人 >>