<< 達成したこと、しないこと 帰省中のこと >>

実家で発見したもの

f0171453_14521833.jpg
実家にいるときは庭の草取りを主にしていたのでした。
あ、下に虫の画像があります。嫌いな方はご注意を。
山の中に家が建っているので、母が一応手入れはしているものの庭が山に戻っていくスピードに追い付かないようで、荒れ放題。
庭にたくさん植えられているつつじなんて、身長を軽々超えていて、見た感じもう手に負えない。
草取りと言っても小さな杉の木や山藤の根を引っこ抜いたりとなかなかの力仕事。
本当は雑草の一つもない、黒々とした土が目立つ庭はあまり好きではないけれど、実家の庭には山に戻ろうという強大な意志を感じたので、心を鬼にして切れるものは切り落とし、抜けるものは片っ端から抜いたのでした。庭なのだ、山ではないぞ!

そんな中での庭での発見。
発見その一。日本たんぽぽが生えていた。↑
小学校四年生くらいかな?国語の教科書に日本たんぽぽのことが出ていた。ガクが反り返っていないんだよね。f0171453_14530982.jpg
調べてみたら日本たんぽぽは在来種のたんぽぽの総称で、細かく調べれば正確な名前あるみたい。
どことなく遠慮がちで、セイヨウタンポポと比べると数は少ないようなので、日本たんぽぽは残しておくことにしたのでした。

←そして、その二。
庭に植えた覚えのない山椒が数本生えていたのでした。
で、葉にはもれなくこの子がいた。
パリパリパリパリと葉を貪っていた。小さいのにやるなぁ。
その旺盛な食欲に免じて山椒は残すことに。

その時にはわからなかったのだけれど、確かこの葉しか食べない!というような蝶の幼虫がいたと記憶していたので、蝶だといいな~と期待を込めて調べてみたら、ナミアゲハの幼虫らしいということがわかった。
山椒を含むミカン科の植物を食べるのね。ふむふむ。
この子が蝶の幼虫かどうか迷ったのは、記憶の中の蝶の幼虫って、チャギントンの黄緑いろのチャガーみたいな外見をしているからで・・・こんなだったか?と納得できずにいたけど、どうやら幼虫にも段階があるらしい。
この子は若齢幼虫。そして、記憶の中のチャガーそっくりの幼虫は終齢幼虫という段階。
この子もしばらくすると黄緑のチャガーになるのだなー。そしてそれから蝶になるんだよね。信じがたいけれど。
見届けることができないのが残念だな~と思う。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-27 09:00 | ダイアリ | Comments(0)
<< 達成したこと、しないこと 帰省中のこと >>