<< 整理 ベランダでくつろぐ >>

今年も来た 橡の実拾い

f0171453_15063120.jpg
近所の公園の橡の木の並木にはすでに実を落としているものがあったのでした。
へぇぇこんなに早くから落ちるものなのか・・・。

実が落ちていることに気づいたのは、木をバッシバシ棒ではたいているママさんがいたから。
なんとなく蹂躙という言葉が思い浮かんだ。
まだ落ちない橡の実を乱暴に叩き落すなんて、ちょっとむごいな~と見ていたら、通りかかったおじいちゃんにたしなめられていた。
うん、橡の実は時期が来たら自然に落ちるもんね。橡にだって心の準備が必要なのかもよ。
たしなめられたママさんは、意味わかんないですけど!的な態度でプリプリベビーカーを押して行っちゃった。
私が最初に気づいたのだから、私がそのママさんに注意すれば良かったな、と己の勇気の無さを反省した。
ちょっと苦い気持ちの今年初の橡の実拾いになってしまったのでした。

私とアキが拾った橡の実は、ママさんが傷めつけた木の数本隣の木からたくさん落ちていたのでした。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-09-04 15:14 | ダイアリ | Comments(0)
<< 整理 ベランダでくつろぐ >>