<< マラソン大会 早朝の月 >>

チータカ・スーイ

f0171453_14460161.jpg
アキの絵本を買う。チータカ・スーイ。
細川貂々さん(ツレがウツになりましてとか描いている人)の育児についてのコミックエッセイを読んでいたらこの絵本が出てきた。
食が進まない子どもにご飯を食べさせる時に、この絵本の龍の口を真似させていたのよね。

なんとなく興味を持って図書館で絵本を借りてみたら、アキがすっかりはまってしまった。そして私も。
返却期日が来て図書館へ返そうとすると、学生運動並みの抵抗をするアキ。
どんな話かと問われると子ども楽団と龍と二匹の獅子が街を練り歩く・・・話。だけど謎もある。
もともとこの西村繁男さんという方の絵は好き。
ちょっと懐かしく感じる風景やものがよく描かれているというのが私のツボなのだろうか。
アキのツボはきっと、言葉のリズム(あと言葉の少なさ。笑)。絵も好きだろうけど。

絶版になっている絵本だったので、ネットで古本を探したら熊本の絵本専門古本屋さんにあった。
amazonにもあったんだけど、そちらは高値だったので却下。
そういえば毎晩読んでいる気がする。

チータカ・スーイ (日本傑作絵本シリーズ)

西村 繁男/福音館書店

undefined




[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-10-10 15:00 | こども | Comments(0)
<< マラソン大会 早朝の月 >>