<< わんこと ただいま >>

着物

f0171453_16301550.jpg
散らかった画像でスイマセンの世界。
今回の実家への帰省は、母の着物を借りるためだったのでした。
春のアキの入園式に着物着たいな~とふわっと考えだし、着物と言えば母と行きついた。
何しろ和裁師で、和小物集めが趣味の人。(だと思う。)

母の小紋のどれかを借りようと思ったのだけれど、母曰く、それでもいいんだけど、あなたと私とじゃ似合う色が違う。とのこと。
ここまで部屋に和服と小物をぶちまけた後で・・・でもちょっとわかる。
母は淡い色合いが似合うけれど、私はちょっとくすんだ濃い色が似合うと自分では思う。
結局、勢いでリサイクルショップへ行ってみようということに。
リサイクルショップの着物コーナーは母にとっては鬼門。「この着物がこの値段で?!」とかなり興奮し財布の紐が緩む場所らしい。
着物専門のリサイクルショップではないところがミソです。
価値がわかるっていいな・・・。





リサイクルショップでは母大興奮で、すぐに「あなたにはこれしかない!」という一枚を見つけてくれた。
やっぱり少し濃い目のくすんだ桃色の付け下げ。
母の見立てでは、未使用、仕立ての運針が若干素人っぽい、しつけ糸と生地のランクが合っていない(本来絹糸を使用すべきところを木綿糸でしつけている)。
おそらく和裁を習っている人が手習いで仕立てた着物だろう、とのことだった。
とはいえいいもの。それがこの値段!(しかもさらに三割引セール中!)で、お買い上げ。
裄を私に合わせて直すのと、この着物に合わせる長襦袢の仕立ては母がしてくれるとのこと。
お直しと仕立てで私の手元にこの着物がやってくるのはまだ先になるけれど、『私の』付け下げができた♪
付け下げなら結婚式にも着ていけるなぁ。
中古品とは言え、付け下げは予定外の高額出費で正直痛いと思っていたけれど、でも仕方なしと思っていたらなんと母が買ってくれた。
母に何かを買ってもらうって何十年ぶりだろう。不思議な気がした。
母の着物についても「これはおばあちゃんが買ってくれた」「若いころ一目惚れして買った」あまり自分語りをしない人だけれど、少しだけ思い出も話してくれた。
手持ちの着物や小物をすべてではないが、久しぶりに出してみて、いろいろ確認もできたみたい。
着物着たい騒動は、ほんの思い付きだったのだけれど、親孝行にも・・・なった?のかも知れない。
家に戻ってからはまたすべての和小物をひっくり返して、着物と色を合わせてあーでもないこーでもないと大騒ぎ。
でもこの帯や帯締めを合わせたり、ぞうりやバッグを選んだりがすごく楽しいんだよね。

ついでに帯数本、ちょこっと和小物、黒留袖も二枚もらった。
二枚もいらないんだけど・・・せっかくなのでもらっておいた。
黒留袖なら末広(金銀の扇子)も欲しいとおねだりしてみたけれど、これは母も一本しかもっていなかったようで譲ってはくれなかった。ちぇ

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-01-16 17:51 | ダイアリ | Comments(0)
<< わんこと ただいま >>