<< 初めてのこと あんまりきれいなものだから >>

黒曜石の道

f0171453_05563965.jpg
またGWの旅の続き。
白滝のジオパークの展示室の中にある黒曜石を敷き詰めた道。
そうそう、これを以前新聞でみて、ゴールデンウイークにこの辺りに行こうと決めたのでした。
館内黒曜石だらけで、興奮した~・・・のだけれど、暗い室内に黒い石の展示。この雰囲気をアキが怖がり「早く出たい」と大泣きされてしまったのでした。
もう泣かれては仕方ないので後ろ髪をひかれつつ、早々と館内を後に。母はもっとよく見たかったのだよ。がっくり。





f0171453_06041637.jpg
外にもこんな大きな黒曜石がディスプレイされていたりして。
小学校の教科書で黒曜石製の矢じりを見て以来、黒曜石に憧れていた私には宝物が無造作に放置されているように思えてドキドキ。
f0171453_06040593.jpg
ちなみに白滝周辺の交通安全啓発の旗も黒曜石のキャラクター。
アンジ君。(アイヌ語で黒曜石のこと)
ジオパークの博物館、アキが怖がってすぐに出ちゃったけど、GWのイベントの館内宝探しはなんとか完遂することができ、私はこのアンジ君のキーホルダーをご褒美に頂戴したのでした。いえー!
f0171453_06041042.jpg
黒曜石がゴロゴロの山道。
ちなみにこの辺の黒曜石はあまりつるつるしていない鈍い輝きのもの。
梨肌(なしはだ)というものらしい。
宝石的な価値も低く、なんと石器などにもあまり活用されない種類だったとのこと。
でも憧れの石がこんなに・・・!という感動を得ましたよ、あたしゃ。
熊とかいそうだったので、念のため鈴を持って山道をうろつきました。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-05-09 06:13 | ダイアリ | Comments(0)
<< 初めてのこと あんまりきれいなものだから >>