<< おたまはどうなった ウバユリだろうか? >>

シール

f0171453_13495910.jpg
ちょっと汚いお話。

やっとオムツが外れそうな気配をみせてきたアキ。
トイレトレーニング?いえいえ、我が家は無理しないでいつか自然におむつが外れるその日が来るのを待ちます・・・とおおらかな気持ちでいたけれど、
さすがにもう3歳も半分過ぎましたけど?!そのむしろオムツ万歳みたいな様子ってどうなの?!という気持ちも出始めていたのでした。
そこへ今週初め急に「お兄ちゃんぱんつをはきたい」と言い出したアキ。
(お兄ちゃんというのは赤ちゃんの対になる言葉で、兄弟がいるわけではありません。)
で、おしっこはたまにというか頻繁に漏らすこともあるけれど、あれよあれよと大物までトイレでできるようになった。
このおむつ処理からの解放感。母は嬉しい。
嬉しいので、トイレが成功するたびにシールをご褒美としてあげることにしたのでした。
買い足したのもあるけれど、シールは家中から掻き集めたのでスーパーのポイントシールも平然と混じる。

シールがご褒美という手法、特にトイレトレーニングではよく聞くけれど、そこまで効力はないんじゃない?とタカをくくっていた。
が、実際はアキには効果絶大で。
そうかぁ、子どものシール好きを忘れていた。よく思い出してみれば自分もそうだったのに。
またさ、たくさんから選ぶのは楽しいよね。
アキは1回に一枚のシールはりたさ・選びたさに大を小分けに放出するという高度なテクも身につけた模様。
要らないテクだけど・・・シール様、ありがとう。
これまでのアキの様子から「小学校上がるまでにオムツが取れたらよしとする」くらいの諦めの気持ちでいたけれど、できるものなのだなぁ。
まだ睡眠時はオムツだけれど、これもきっといつかそうじゃなくなる日がくるんだよね。
嬉しいものだなぁ。
そして、今まで月3、4000円くらいかかっていたおむつ代が激減するのも嬉しい。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-06-13 14:05 | こども | Comments(0)
<< おたまはどうなった ウバユリだろうか? >>