<< 今年の幼稚園のツリー 赤くなりだしたツタ >>

漂流物

f0171453_08255295.jpg
アキの通っている幼稚園では、週末に絵本を一冊借りて持ち帰る決まりがあるのでした。
で、アキがよく借りてくる絵本というのは大体決まっているのだけれど、デイヴィッド・ウィーズナーという方の絵本もその一つ。
中でも「漂流物」と「かようびのよる」が多い。
どちらも私もとても好きなのだけれど、特に漂流物がわくわくするのでした。
海辺で流れ着いた古い箱型のカメラを拾ったよ、中のフィルムを現像してみると・・・

本当にお気に入りでいつも借りていたのだけれど、おうちにあったらいつでも見れるよね、とアキと相談して買うことに。
ネットで買ったのだけれど、なんとなくハードカバーではなく、中古のペーパーバックを買ったのでした。
しかも英語版!だって文字はない絵本だからね。平気。
なんとなく選んだペーパーバック版だったのだけれど、これは正解だった、と手元に届いた本を見て思ったのでした。
絵が大きいし、ハードカバーより子どももめくりやすいし、雰囲気がとても良い。
この絵本は畏まったハードカバーよりペーパーバックのほうが合っている気がするのでした。(褒めています!)
面白いね、面白いね、とアキと一緒に眺めているのでした。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-11-06 08:47 | こども | Comments(0)
<< 今年の幼稚園のツリー 赤くなりだしたツタ >>