<< 今年のお正月は すき込む >>

最後のクリスマス会

f0171453_14544922.jpg
前回よりだいぶ時間が経ってしまいましたが、幼稚園ではアキにとっての最後のクリスマス会。わたしにとっても。
年長さんとして幼稚園最後のクリスマス会と言えば、キリストの降誕劇、ページェントを演じるということ。
アキは預言者さんを担当したのでした。




ページェントはクリスマス礼拝の意味もあり、神聖なもの。
本番当日は、声を出して泣いてしまうような小さなお子さんは入場を遠慮してもらうほどの真剣な場なのです。
練習も熱が入るし、子どもたちも必死。その上体調を崩しやすい時期。
そりゃ親も子もこの時期はピリッピリ。
さらに今年は手芸サークルで一部の衣装を新調。
衣装は30数年前から同じものを使用していて・・・つまりは新調するのは30数年ぶり!(驚いた!)
この滅多にない機会に出くわして、衣装作りに参加できてよかった。
手芸できます!って顔をして手芸サークルに加入していて良かったー!

そして私は三年連続の保護者有志による聖歌隊として参加したのでした。
アキの演じる預言者さんを見て泣き、大きな声で歌い、満足のページェントだったのでした。
アキは始めは小さな声だったけれど、もう一人の預言者さんにつられるように大きな声で歌うことができた。
緊張からのヘラヘラ笑い、ふざけたような態度をとることも少なかったのでした。ほっ。
ただ・・・待ち時間、自分の出番以外の待ち時間がやっぱりしんどいらしく、かなり先生に注意されている様子がうかがえたのでした。
怒られはしないんだけど、見ていてやはりいい気持ちのしないアキの態度・・・
あの様子を見ている限り、小学校入学後はお薬の力を借りてもいいのかもな、なんて思ったのでした。

とりあえず、幼稚園最大のイベントが終わった!という感じ。

ページェントは午前で終わったので、午後からはアキはバスに乗ってデイへ出かけたのだけれど、バスの車窓から幼稚園の先生方がみんなでランチから戻ってくるシーンが見えたのでした。
談笑しつつ歩いていて、微笑ましかった。
先生も緊張したんだろうなぁ。
先生も、親も、子どものみんなお疲れ様のクリスマス会。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-12-21 15:36 | こども | Comments(0)
<< 今年のお正月は すき込む >>