<< ! 7日生 >>

ブルー

f0171453_21252766.jpg

青い色のお風呂に入ってさっぱり。
湯あがりに床に寝ころんで扇風機の風で涼んでいたら、三番目の兄さんの口から
「あ、そういえば母さんが部屋を見にお盆中に来るって言っていたー」と聞こえてきました。

ふーん…お義母さんが…。

お義母さんが?!うちに来るって?
いいんだけど…なんとも不安な心持ち。
このミユキ趣味全開の部屋の様を見て、あの方はどう思われるのだろうか…。
前に一度、突然やってきた(氷川きよしのコンサート帰りだったらしい)お義母さんを「突然来られても困ります!」と玄関先で追い帰した、という事件もあったので今回は絶対に部屋にあげないといけないんだろうなーとぼんやり考えています。…強い嫁だなぁ、我ながら。

好きなお義母さんですが、ミユキのこの趣味の部屋、結構謎な物が多いのでいろいろ質問されることを考えると少しだけ心が重たくなります。
「それは趣のある古い天秤です。」
「それは生贄になった少女フワニータのミイラを観にいった時に買ったマラカスです」
「コケシーズですね。いつの間にか集まりました。巨大なやつも欲しいところです。」
「天井から下がっているのはかせくり機です。お義母さんご存じですか?」
「枯れ枝ですね。ええ、なんとなく去年から照明の上に置いています。」
「天井に飛んでいるのはちょうちょのオブジェです。いえ、蛾では…」
「ああ、ええ…だるまもものすごくいますよね、縁起いいですよ。」
「トイレのドアは最近つけ直しました。邪魔だったので一度とっぱらったんですけど…。」
「チベットの旗…ですね、そのカラフルなのは。お寺で買いました。」
「ええ、ちょうど良かったので食器棚にFAX入れちゃってます。便利ですよ。」
「それは昭和の大発明・磯辺式書見器です、お義母さん。」
「触らないほうがいいと思います。私もなんだかわからないんですよその中身…」
「いえ、そのガンダムはあなたの息子の趣味です。」

同世代の人なら説明もしやすいんだけどなー。わかってくれそうな気もするし。

あと、「こんなくだらないものにお金使って!」とか怒られないかな…。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2008-08-10 22:02 | ダイアリ | Comments(0)
<< ! 7日生 >>