<< ベランダのイス 浪防 >>

青春サイクリング

f0171453_19532625.jpg

三番目の兄さんがめずらしくどうしても!と言うので、秋のうすら曇り空の下、北大までサイクリングへ。初めて。
高校生の頃にうろついていたエルムトンネルの付近が今、どうなっているのかをどうしても見たかったのだそう。

ミユキにとってはいつも・毎日通る通勤路。
トンネルの上で自転車をキュッと止め無言で周りを見渡す三番目の兄さん…。
いろいろと昔の記憶を手繰り寄せている雰囲気の三番目の兄さんに問うてみたところ、
「きれいになったね。」の一言。
…ふーん。
今は遊歩道がゆらゆらと左右に揺れて敷かれていてポプラの大木が影を落とす穏やかな道。周囲には草木がそっと生い茂り、獣医学部の建物の前では牛とヒツジと馬が草を食み、耳を澄ませば隣接しているグラウンドからの子供たちの野球への声援と、リリリ・ルルルと虫の声。
昔は
うっそうとした原生林の中を一本細い道が通っていて、そこを車がびゅんびゅん行き交う危険な道だったのだとか。舗装された道と泥の道が交差して、木と木の狭い隙間には路上駐車の車がみっしりとあって、冬になると雪で道幅がさらに狭くなって道の端っこを命がけで歩いたよ…としみじみ。
そうか、そんなに変わっていたのね。ミユキはその当時を知らないから、毎日通っているこの道がそんなだったなんて想像もつかないよ。
自転車でぐるぐると走って「この辺で大乱闘があった。(←?)」「獣医学部の動物の慰霊碑が怖かった」といろいろなことを思い出したみたい。

北大のモデルバーンを観て、孔子飯店でお昼ごはんを食べて、おやおやなんだか意外と素敵な日曜日だったのです。

そうそう、孔子飯店のご主人は孔子の子孫なんですって!なんと!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2008-09-21 20:23 | ダイアリ | Comments(2)
Commented by グロッポ at 2008-09-22 09:27 x
孔子飯店って、あの水槽にスッポンが泳いでるお店ですか?
カレーが旨くて・・・ってゆうか、あそこではカレーしか食べていない。中華なのに・・・(笑)
Commented by ミユキ at 2008-09-22 12:03 x
グロッポさんこんにちわー。
そうそう、スッポンが必死に水槽の中で泳いでいるところです。一階の入り口にはカメもいました。
ウェブシティ札幌というHPの札幌的中華街(だったかな?)というコンテンツで孔子の子孫だと紹介されていて、以前から気になっていたんですけど、やっと行くことができました。
今回は注文しなかったのですけど、カレーは確かに気になったんですよね。ナントカさんのタイカレー?中華料理屋さんなのに…。
今度行くときはカレーを試してみようと思います。
<< ベランダのイス 浪防 >>