<< 派手に落ち着いて つげさんも泊まった >>

えっちゃんに会う

f0171453_14571990.jpg

午前中に旭川から来ていたえっちゃんと会いました。
えっちゃんの子供・ももたん(1歳8か月)も一緒に。
ももたんとはお初で、とてもお母さんと似ていて遺伝子の不思議を少し思ったのです。
けれどえっちゃん曰く、ももたんはお父さんにとても似ていて、しかも似てほしくないところがとても似ているのだと。代表的なところではおかしな位置にあるつむじとか。
北大の中を2時間ほど一緒に散策してきました。いい天気でよかったよ。そうそう、北大の中央ローンでは映画かドラマか、何か本格的な撮影をしておりました。エキストラの方々の衣装などからおそらく昭和のお話ではないかと思われるのです。

去年、イトコの子であるユラ(1歳)にとんでもなく嫌われるという経験をしたミユキだったので、ももたんもひょっとして…と不安だったのですが、最終的にはほっぺにチュウをしてくれるほど慣れてくれてとてもうれしかったのです。…初めのうちは案の定とても怖がられたのですが。
なんでしょうね?なにか後ろに怖いものでも憑いている?におい?眉毛が濃いから?メガネかけているから?そんなに子供に嫌われる見た目ではないと自分では思うのですが…。思うんだけどなぁ…。

それにしても、えっちゃんのお母さんぶりったら!
とても同じ教室で学んだ人とは思えませんでした。いえいえ、えっちゃんが昔とてもはっちゃけてたとかそういう意味ではなくて、同い年の人なのに自分とは違ってとても落ち着いていて、強い感じがして。
子供ができるって人をこんなに成長させるのだなぁ…と落ち葉舞う中、えっちゃんとももたんを見ておりました。
今度えっちゃんと会う時にはももたんは何歳になっているのだろう?
きっと私はその時、今日のイメージを持ってももたんを見て「うわー大きくなったねー!!」と自分が昔、よく大人に言われていたのと同じことを言うに違いないと思うのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2008-10-05 15:28 | ダイアリ | Comments(0)
<< 派手に落ち着いて つげさんも泊まった >>