<< クリ・クルミ・ドングリ・トチ susu >>

古本屋さんのお勧め古本屋さん

f0171453_18285042.jpg

つい先日、古本のサッポロ堂さんの奥さんが教えてくれた「古本ももねこ書店」さんへ行ってみたのです。
奥さんが言うには「なかなかいい古本屋さん」なのだそう。
もう一軒「ここもいい」というのが「なずな書館」さん。
ここはミユキもお気に入り。お店の目の前を走る市電のある風景も相まってとても雰囲気が良いので大好きです。御主人がくれる謎の折り紙キーホルダーも。
奥さんが言うには特になずな書館さんは大概のお客さんが「好い」というのだそう。わかるなぁ。

ももねこさんは夜10時までやっているお店で、南郷13丁目にありました。
個人経営で夜遅くまでやっている古本屋さんって札幌では珍しい気がします。
言ってみればなんの変哲もない古本屋さんなのですが、気取ったところもなく、またこってりしたところもないとても馴染みやすい雰囲気なのでした。絵本とか児童書が多いせいもあるのかも。いわゆる古書という感じの本はないみたいで、みんなの町の古本屋さんといったところ。
わかる人だけ来ればいい的な感じではないのです。
レジカウンターあたりには猫に関する本と、猫のオブジェも。
あ、猫が好きだから店名にも猫を?なんて思ったのですが、店名にネコが入っているから猫関係ものをなんとなく集めたのだそう。

さすが古本屋さんの奥さんがお勧めするだけあるのです。
ももねこさんもなずな書館さんもご主人の人が良さそうなのが共通していて、そういうところからもお客さんに好かれるのだろうなぁ、と勉強になったのです。
あんたみたいなのに古本の何がわかるんだなんて傲慢な態度をされてるものいやだし、やれやれ本当にわかってんのかねぇ…とニヤリ小馬鹿にされるものいやだもの。

そう言えば、台湾に行った時に寄った古本屋さんも良かったなぁ…なんて思いだしているのです。
まあ、それはまた、別の話。ですが。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2008-10-12 19:07 | ダイアリ | Comments(0)
<< クリ・クルミ・ドングリ・トチ susu >>