<< コユビ もうすぐ銀杏争奪戦 >>

いつどこで

f0171453_21503746.jpg

最近、
「愛情の反対は無関心」だって何かで見聞きしたのだけれど、いつどこでなにで聞いた・見たのだろう?
確かに憎むのだって相手に対してのある種の思いだものね、と妙に納得したのだけれど…
[PR]
by kurokurosusukoji | 2008-10-21 21:51 | ダイアリ | Comments(2)
Commented by グロッポ at 2008-10-22 09:54 x
お元気ですか。いつも素敵な写真と文章ですね。

無関心は、この世から消されるのと同じだから、死の宣告と同義。
無関心に晒された相手は、途切れぬ想いを抱えた浮遊霊のように彷徨うことに・・・。溜息。


Dreams Come True の「忘れないで」の歌詞を思い出します。

憎ん でも 忘れないでいて 思い出になどなりたくない 今は まだ …


松任谷由実の「青春のリグレット」を思い出します。

私を許さないで 憎んでも覚えてて…


そして…

鎮 静 剤
              マリー・ローランサン
                  堀口大學 訳


退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。

悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女です。

不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女です。

病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女です。

捨てられた女より もっと哀れなのは よるべない女です。

よるべない女より もっと哀れなのは 追われた女です。

追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女です。

死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。

Commented by ミユキ at 2008-10-22 20:57 x
グロッポさん、お久しぶりです。
忘れられることも辛いけれど、「よるべない女」という言葉にはっとしました。足元からすうっと冷たくなるような心持ち。

ワタクシはグロッポさんでアダノンキを思い出しています。
またアダノンキでグロッポさんのお話を聞かせてくださいね。
行かないと!そして飲まないと!
<< コユビ もうすぐ銀杏争奪戦 >>