<< 晴れているからこそ 丹波屋旅館 >>

落葉

f0171453_16173422.jpg

昨日・今日と葉が落ちる日。
示し合わせたかの様に一斉に葉がどっと落ちて美しい色の落ち葉絨緞ができているのです。

英会話のレッスン中「落葉(らくよう)」(←キノコのこと)を必死に電子辞書で調べようとして「らくようきのこ」「ラクヨウキノコ」「らくよう」って必死に打ち込んでいた先生。

…先生、私、秋に採れるきのこのことを「らくよう」って言っているの、北海道に来て初めて聞きましたよ。
「ボリボリ」っていうキノコの名前も。
「らくよう」の方はおそらく落葉樹周辺に出てくるきのこの総称なのだろうと推測はできますが、「ボリボリ」の方は全く正体がつかめないし、つかもうともしないきのこ嫌いのワタクシ・ミユキ。
ボリボリって…。ブルリ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2008-11-17 16:37 | ダイアリ | Comments(2)
Commented by グロッポ at 2008-11-19 08:53 x
「ボリボリ」ってのは、ナラタケ(楢茸)の北海道での俗称です。ハラタケ目キシメジ科ナラタケ属に分類され、主として木材腐朽菌として生活しているきのこです。ユーラシアと北アメリカに分布します。

ミユキさんはきのこ苦手なんですね。フフフ
きのこって、すごく不思議で惹かれます。形ばかりでなく、生え方もそう。「フェアリー・リング」ってご存知ですか?
新しく発芽した菌糸が同心円状に均一に拡がったときにはきれいな円形に生えるのです。西洋では妖精が輪になって踊った跡とか、会議を開いた時のイスだとかいわれるそうです。
Commented by ミユキ at 2008-11-19 09:15 x
グロッポさんこんにちわー。
そうかぁ、ボリボリはナラタケなのですね。勉強になります。
それにしてもやっぱりボリボリって名前はすごいです。食感を表現しているのでしょうかね?
田舎っぺなので小さい頃からキノコは身の回りにたくさんあったのですが、実際に祖父の趣味もキノコ採りだったし、けどどうしても口に入れるって躊躇してしまいます。 むふー。
<< 晴れているからこそ 丹波屋旅館 >>