<< 雪の中市 硝子 透かす 明かり >>

ずるではないのだ

f0171453_2061233.jpg

今日の晩御飯は二日続けてのおでんです。
材料を買いすぎました。土鍋から様々な具があふれ出てしまって、鍋二つでおでんを煮込むことに。あれれー。
余すことはないけれど、おでんの具を買うときはいっつもこうなのです。
難しいものです…。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2008-12-05 20:38 | ダイアリ | Comments(2)
Commented by 1nd1go at 2008-12-06 03:58
おでん屋さんみたいでイイですね。

残った具は和風カレーや煮込みなどに使えそうですが、
料理をあんまりしないので分からないのです。

前のページのお写真は古いシャンデリアの硝子パーツでしょうか。
透かした柔らかい光が温かみを覚えるお写真ですね☆


あぁ何だか、おでんをお腹イッパイ食べたくなってきました(笑)
Commented by ミユキ at 2008-12-07 11:15 x
1nd1go さんこんにちわー。
おでんにまみれた日常からやっと脱出できたところです。
和風カレーってなかなか素晴らしげな発想ですね。なにしろ我が家のカレーには和風うんぬんなんて考えずに高野豆腐が当たり前に入っているので、おでんの残りでカレーって違和感がないかも。今度試してみますね。

ひとつ前のあのガラスパーツは1nd1goのおっしゃる通り、古いシャンデリアのガラスのパーツです。さすがです!
古いガラス製のものってとても惹かれます。どうしてかなぁって考えるのですが、説明のためのうまい言葉が見つかりません。

ところで…おでんは食べましたか?
<< 雪の中市 硝子 透かす 明かり >>