カテゴリ:珍田の文庫ニュース( 85 )

本日はここまで

f0171453_20412075.jpg

龍のハンコを練習中。
一個彫ったところジャングル大帝レオ似のが出来てしまい、これではいけないともう一個練習龍に着手。
もうちょっと細かいところを攻めたいところですが、夜になると露骨に細かい部分が見えなくなるため、本日はここまでー!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-24 20:43 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

硝子の持ち手を買ったのね。

f0171453_1846668.jpg

ハンコ用に硝子の持ち手を追加で購入したのでした。
今度はもっとカラーが増えたので、キラキラ度がアップするのですよ!クリアな硝子も手作りの品ですので、とろんととろけるような質感が素敵なのです。

本日は先週のファクトリーのイベントで名刺ハンコをご依頼いただいた方とお会いしたのです。
お名前の他に龍のハンコを作ってほしいということで、龍のイラストを数点お見せしたのですが、「ちょっと怖い」と言われたのでした。
もう少し可愛らしいイメージ。シルエットに近いような、ロゴ的なもの・アニメぽいものもいいなぁと注文をいただいたので、また後日改めてイラストを持参することに。
ああイメージがちょっと違っていたかと少しがっかりもしましたが、お客様にとっては名刺に押すものですからよくよくお話を聞かねばと気持ちを引き締めたのでした。
イラストはもう一度話し合いをしなければならないのですが、はんこは「名前&TEL」「龍ポーズ違い2点」を正式にご依頼頂いたのでした。
頑張らないとー!えいえい!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-23 19:03 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

初めてはんこに彫るもの

f0171453_18171287.jpg

先日の『MADE IN じぶんマーケット』にて名刺のご依頼をいただいたのですが、その名刺には龍の絵を入れる約束をしたのでした。

「龍は彫れる?」とお客様に聞かれ「出来ますよ」と何の気なしに答えたのですが、龍なんて彫ったことないで!自分!と気付き練習で彫ってみたのでした。
記憶スケッチドラゴン・・・。私の頭の中の龍はこんな感じ。
架空の生き物とはいえ、姿はきちっと確立されていそうなので、これからちょっと調べてみようと思っているのです。
来年は辰年だからちょうどいいかも。
ご依頼主様は女性の方だからもうちょっと柔らかいイメージがいいな。

それと、そのじぶんマーケットの際に「はんこを彫るの、結構時間かかるでしょう?」と何人かの方に質問されたのですが、計測してみたところこのドラゴンで大体2時間くらいかかりました。(3.5×4cmくらいの大きさ)
もちろん細かさや大きさにもよるのだろうけれど、結構かかるものなのですね。彫り始めると時間なんて気にしないのでいつも適当に答えていたのでした。失敬。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-19 18:28 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

御礼

f0171453_1421268.jpg

昨日参加した「MADE IN じぶんマーケット」無事終了したのでした。
またこんな画像しか・・・案外いっぱいいっぱいでいるんでしょうね・・・。

会場は札幌ファクトリー内に分散する形で設けられており、それはもうたくさんのハンドメイド作家さんらがところ狭し!と品を並べて販売したり、お客様との会話を楽しんでいたのですが、タケノコ洋品店さん・rimaちゃんと珍田の文庫が陣取ったファクトリールームエリアは出店をキャンセルされた出店者さんがいた様子でスペースが空いていて、少しがらーんとした雰囲気でひねもすのたりのたりかな。
ほら、画像の机の後ろ、そこだって本当は出店があるはずだったのに。がらーん。

それから・・・
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-17 15:08 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

明日です

f0171453_17264279.jpg

明日、サッポロファクトリーで開催中の「MADE IN じぶんマーケット」に参加してくるのです。

開催時間は午前10時~午後17時
場所は札幌ファクトリー内の「ファクトリールーム」
ファクトリールームって、アトリウムからすっと入っていけるところですよね。昨年12月にポケモンのイベントしていたところかなぁ。

昨日もお知らせしたとおり、今回ははんこを10個しか持っていかない!
というのも、今回は「自分を売り込め」というキャッチフレーズがついているイベントでして、ならば今後こういうものを私は作っていきたいのです、という品を見せようと思ったから。
ちょっと寂しい品ぞろえになるかも知れないし、「売る」ということより「お見せする」ことをメインにしようと考えているので、お店としてはどうかと思うのだけれども、こうすると決めてしまったので変更はしない!
でも、もちろん販売はします。うふふ。

それでは明日、会場でお会いしましょう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-15 17:48 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

持って行くはんこ

f0171453_2015574.jpg

ファクトリーのイベントには今回ははんこ10個しか持って行かないので、当日は荷物が少なそう。
一緒に出店してくれるrimaちゃんやタケノコさんの荷物が多いことを期待しているのです。

印面は
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-14 20:44 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

今回の蔵書印ず

f0171453_2019152.jpg

次の日曜日にファクトリーで行われるイベントに蔵書印のみを出品するとお伝えしたのですが、今回の蔵書印ズは、ガラスの持ち手付きにしているのです。
今現在どんどん頑張って作っている最中ですので、全て出来上がったらどういうハンコなのか、印面を一気にアップしようと考えているところなのです。

どれもこの世に同じものはひとつとないはんこたち。次の日曜日の札幌ファクトリーで実物を見ることができますので、ご興味のある方は次の日曜日にはぜひ札幌ファクトリーへおいでなっせ。

昨日載せたうさぎの雪だるまは今日、雪山ごと壊されちゃっておりましたよ・・・儚い。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-09 20:30 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)

1月16日に

f0171453_20103077.jpg

次の次の土曜日・日曜日に札幌ファクトリーで行われるイベントに一日だけ参加するのです。日曜日の方ね。
ひとつのブースをアクセサリーのrimaさんと、タケノコ洋品店さんとシェアするため、今回は品数少なで行ってみようかと思っていて、ですので今回は出す品は全て蔵書印にするつもり。つもり・・・。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-07 20:39 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

締め切ったのです

f0171453_17491491.jpg

昨日こちらのブログでお知らせをさせていただいた「消しゴムハンコで蔵書印を作ろう」は定員に達したので締め切りとさせていただきます。
お申し込み頂いた方々、ありがとうございます。当日、お会いしましょう。

既に申し込みを終了させていただいたため、アダノンキさんのHPでは特に告知はしておりませんが、30日にはちゃんと行いますのでご安心くださいませ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-05 17:53 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

お知らせ

こちらの教室は1月5日で定員に達したため、既に締め切らせていただきました。
f0171453_16195410.jpg

けしごむはんこで作る蔵書印教室、第二回目を開催させていただくこととなったのでした。以下、詳細なのです。

「けしごむはんこで蔵書票を作ろう」
日時:1月30日(日)14:00~
場所:「古本とビール アダノンキ」 
  札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル2F(東急ハンズの二軒西隣のビルです)
参加費:おひとりさま1200円です。(材料費込み※珈琲・お菓子付)当日承ります。
持ち物:
①カッター(普通のでOKです。デザインナイフをおもちの方はもちろんそれを。)
②作りたいハンコの印面のデザインを考えて来てください。
当日は「たて3cm×よこ3cm」の消しゴムを使用しますので、このサイズ内で考えてくださいね。
※絵でも文字でもデザインは自由です。ご自身の腕とご相談の上、考えてみてください。
なお、蔵書印ですのでデザインの中のどこかに名前を入れていただきます。イニシャルでも、頭文字でもとにかく名前をいれること。
※当日はイラスト集も用意します。それを参考に考えてもOKですが、他の参加者の方々より作業は少し遅れます。

お申し込みは、アダノンキさんまでメールでお願いします。
メール送付先:adanonki(アットマーク)aioros.ocn.ne.jp です。

定員は6名様となっているのです。
仕上げはコルクの持ち手をつけて完成となります。コルクはこちらでご用意します。
蔵書票とは、名前の入っているハンコで、本来は本に押して誰の本(蔵書)かを知らせるものなのですが、お手紙におしてみたり、ちょっとしたメモ用紙に押してみたりしとサイン代わりに押しても素敵です。
前回の教室に参加して頂いた方々は消しゴムハンコ初挑戦の方もおりましたが、素敵なはんこを皆さん作っておられましたよ!前回の様子→
蔵書印、消しゴムハンコにご興味のある方はぜひ、お申し込みくださいね。
アダノンキに一度行ってみたいという方も歓迎なのです。素敵な古本店ですからね。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-04 16:28 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)