カテゴリ:珍田の文庫ニュース( 85 )

うさぎ三昧 その二

f0171453_15561142.jpg

白いうさぎと黒いうさぎ ショウが始まる瞬間の緊張が一番高まる場面。



ゴム板
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-06 16:02 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

ポチ袋 500玉用

f0171453_1724392.jpg

ぽち袋の500円玉用を作ってみたのでした。
500円玉を入れるとちょうどぴったりサイズの袋ですので小さいのですよ。
ぽち袋以外いも小さな封筒として使えるようにと余白を多めにしているのです。
図柄はシルエットうさぎ・バラ・羽根ペンの三種類で色もそれぞれ三通りあるのです。
19日にファクトリーで開催されるアートマーケットに持っていきたいと考えているところ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-03 17:08 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)

ご紹介

今回は紹介。アダノンキさんに置いてもらっている年賀状及び葉書の一覧なのです。
決して笑わないバレエうさぎシリーズ。ちょこちょこ出してた画像もあるのですよ。

年賀状 バレエうさぎペンで何か書く
f0171453_1546345.jpg

年賀状 鏡餅を手に持つ怒りうさぎ
f0171453_1551153.jpg

年賀状 布的なものがからまるバレエうさぎ 余白多め
f0171453_15515912.jpg

ポストカード 連続バレエうさぎ
f0171453_15523714.jpg

ポストカード 個別にバレエうさぎ
f0171453_1553212.jpg

[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-11-30 16:09 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)

おさめる

f0171453_20501245.jpg

雪の中、アダノンキさんに珍田の文庫謹製年賀状と葉書、ぽち袋を納めてきたのでした。
昨日まではカラカラだったのに、今日はもさもさの雪。お天気キャスターはわさわさって言っていたなぁ。
年賀状は豪華版と通常版がありますので選べるのですよ。
どんなものかというと・・・ああいけない、画像を用意していないため、明日、ご紹介します。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-11-29 21:05 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)

うさぎ三昧

f0171453_17314560.jpg

手作り年賀状にうさぎシリーズを増やそうと作ったはんこたち。
連続写真のよう。
このシリーズはなぜクラシックバレエ的な衣装かというと、ちょっと作るのが楽・だからなのです。
アダノンキさんが年賀状を少し置いてくれるというありがたいお話があったので、このハンコを使った葉書も置かせてもらえるようプレゼンしてみーようと計画中。果たしてどうか?!

今回のこのうさたちは実は大変気に入っているのです。ツボなのですよ、大きさが。

大きさは・・・
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-11-27 18:00 | 珍田の文庫ニュース | Comments(4)

メッセージを入れるよ

f0171453_19581668.jpg

今度のケース入りはんこはメッセージ入りにしてみようと作っているのです。
初めは「OK」とか「見ましたよ」とか普通のメッセージを入れ込んでいたのですが、だんだんとネガティブなメッセージに移行しつつあるのです。「やっとできた」(←まだ光りが見えている感じ)とか画像では見切れているのですが「お断りします」とか。
もう少し作ってみようと思っているところ。なのです。


話が変わりますが、先日観たNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で取り上げていた絵画修復家の岩井希久子さんが素敵だったのです。
日本国内だけでなく世界中にまで名の通った名修復家で、世界的な名画もどんどんと修復依頼が来るのですが、ちょっとでも間違ったことをすると一瞬で名画を台無しにしてしまうというプレッシャーで、「ああ、怖いな」「どうしようかな」と弱気な言葉も口にするのです。
結局誰よりも手間時間をかけ、素晴らしい修復を成し遂げるのですが、修復に納得がいかないと再び失敗をするかも知れないリスクを負ってまでやり直すのです。
とても神経を使うお仕事なのに、とてもやさしげな雰囲気をまとった方で、ああ素敵だなぁと録画したものをねっとり観ているのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-11-24 20:25 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

やる気頂戴しました

f0171453_15344426.jpg

昨日の「消しゴムハンコで蔵書印を作ろう」の参加者の方々の真剣な様子がとてもぐっときていたことを朝、再確認したのでした。
昨日は昨日で相当感動したのですが改めてじーんと。
来月もまたイベントに参加する予定がありますので、それに持っていけるようにと二種類出来上がっている年賀状に追加のはんこを制作し始めたのでした。かわいらしものだって作ろうと思えば作れるんだぜ珍田の文庫!のアピール。
わぁもらったやる気をどんどん使っているから次回のイベントは直前に慌てなくてすむかもかも。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-11-22 15:47 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)

無事終了いたしました

f0171453_21505279.jpg

札幌ブックフェス2010「大通9日書店」でのイベントの一環として開催させていただいた「消しゴムハンコで蔵書印を作ろうbyアダノンキ」は無事に終了致しました。
参加していただいた六故さん舞さん、ゆきさん、ななさん(蔵書印より)、きゃさりんさん、ユミコさんどうもありがとうございました。

参加者はまったく消しゴムハンコは初めて、またワタクシ珍田の文庫として人様に教えるなんて初めてという初めてづくしの教室は、みなさんにお願いしていたはんこの下絵が想像以上に精密だと分かった時にはうっ!と一瞬ひるみましたが、画像を見てくださいませ、みなさん素晴らしいハンコを作り上げたのでした。

More
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-11-21 22:17 | 珍田の文庫ニュース | Comments(8)

蔵書印紹介2

f0171453_21244698.jpg

消しゴムはんこで蔵書印を作ろうのときに使う予定の消しゴムと同じサイズのはんこを作ってみたのでした。
作った絵柄は「月」。うさぎの目と口をつけてみたのでした。なんか可愛すぎるなぁと顔を逆さに。アマノジャク!

持ち手などはこのような雰囲気になるようにしていきたいと考えているのです。もちろん形は人それぞれですので、どんなはんこを参加者の方が作るのか楽しみなのです。
昨日も当日の会場となるアダノンキさんにて照明の様子を見たりしてきたのでした。
当日が滞りなく進むだろうか、なにか肝心な道具とか忘れちゃわないかとか不安もあるけれど、不安と同じくらい楽しみも大きくて不思議な気持ちのここ最近なのですよ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-11-19 14:25 | 珍田の文庫ニュース | Comments(4)

申し訳ございません

f0171453_20275648.jpg

21日開催の『消しゴムはんこで蔵書印を作ろう』は既に定員に達しているため、募集は締め切っているのですが、締め切った後も申し込みがあるそうで今回は参加を見合わせてもらっているのです。
それはそれは大変申し訳ない気持ちでいっぱいなのです。ごめんなさい。

ですが、
アダノンキさんと相談の上、どうも1月頃にもう一度消しゴムハンコで蔵書印作りが開催できそうなのです。
詳細が決定次第お知らせしますのでどうかそれまで、しばし!


21日と言えば、豊平神社の骨董市があるのですが、今日の道新に豊平神社の骨董市の話題が載っていましたね。21日の開催が101回目だと。
なぜ、100回目ではなく101回目を取り上げるのか・・・。
101という数字には何か秘密があるのかもしれません。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-11-18 20:58 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)