カテゴリ:こども( 238 )

水飲み場ラブ

f0171453_18582707.jpg
ここのところの札幌は毎日暑い!連日30度を超えている様子。
子どもたちは公園の水飲み場に集まる集まる。まるで電灯に集まる虫のよう。

幼稚園の側に公園があるので、お迎え後、時間があればほぼ公園にいることになるのでした。
カンカン照りでも小雨模様でも。そして長くは2時間近く遊んだりするから、付き合う母はたまったもんじゃない。
おかげで私はすでに手足はこんがり日焼け。
初めは日焼けを予防するための対策をあれこれやっていたけれど、だんだんと面倒くさくなるんだ、これが。
アームカバーとかしてみたりしていたけれど、今はもう日焼け止めを出かける前に塗るくらい。
日焼け止めだって万能ではないもの、だんだんとだんだんと肌の色が変化していっている。
タイムラプスにしたら変化の様子がきっとよくわかるだろうと思われる。笑
ただ、ずーっとしっかり紫外線を予防しているママさんもいるので、これは個人的に私がずぼらだ、という話。

ところで、この暑さ北海道らしくないなと思うのでした。
暑いのは苦手だけれど決して嫌いではないよ、夏は暑くて当然。
だけど7月あたまにこの気温の上がり方。
温暖化のせい、なのかななんて思うとちょっと不気味。農作物などに影響がないといいけれど。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-11 20:29 | こども | Comments(0)

お泊り会とそのあとで

f0171453_10123656.jpg

昨日一昨日はアキたち年長さんの幼稚園お泊り会だったのでした。
聞いてみると、一晩親から離れることを不安がる子どもたちもいたようだけれど、アキはそれはそれは楽しみにしていた。
それはそれは。
だって、4月くらいからこのお泊り会のことを心待ちにしていた。お楽しみが過ぎるよ。

出発の日、お天気の心配もなく晴天の下、バスで満面の笑顔のアキが遠ざかっていったとき、ちょっと泣けたのでした。
なんで泣けたのか・・・寂しかったのかな。翌日には戻ってくるんだけど。笑
泣いている保護者は私だけで、暑い中汗と涙で一人ドロドロだったのでした。
見送ったあと、ぽかっ空いた時間は美容室へ行き、久しぶりのアダノンキへ。ビールとおしゃべり。
出張中で三番目の兄さんも居なかったから、本当に一人きりを満喫した。いつ以来だろう。
ちなみにやっぱり似たような環境で一人になるお母さんも、美容室を予約していた。
こういうときの美容室だね。

翌日10時にはお迎え。本当に私、なんで見送りの時泣いたの?笑
子どもたちはみんなニヤニヤしながら親元へ帰ってきた。
午前中に解き放たれた子どもらを連れて、クラスのほぼ全員で近くの浅いプールもある公園でランチをしたのでした。
このお泊り会後の公園行きは、おそらく子どもたちは体力を持て余しているよね、と母親たちで前々から計画していた。
30℃を超える中、外でプールで遊ぶのは楽しい。
私も一緒になってプールに足を入れていたけれど、クラスの女の子たちの水かけの集中攻撃を浴びて、びちょびちょになったのでした。
スマホで写真を撮ろうとかまえていたけれど、掛けられる水を避けている間に良く分からないものがいっぱい撮れていた。
上の画像もその一つ。撮った覚えは一切ない。
暑さでへばって、もう帰ろうと誘っても子どもたちはなかなか帰ろうとせず難儀した。
お泊り会も、そのあとのみんなで公園も楽しかったろうね。
アキの頭の中にキラキラの楽しい思い出として長く残るといいな、と思う。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-08 09:56 | こども | Comments(0)

二度目の映画

f0171453_19102486.jpg
アキの人生二度目の映画はしまじろう。一度目しまじろうだったのだけれど。

春休みなので、お友達と映画鑑賞へ行ってきたのでした。
おととし・・・だから三歳のときかな?アキを連れてしまじろうの映画を観たことがあったのでした。
チケットカウンターで紙製のメガホンをもらい、映画中にはスクリーンからしまじろうが声掛けをしてくれて、そのメガホンで叫んだり、応援したりと子ども参加型の映画だったのだけれど、三歳のアキには響かず・・・
しまじろう「みんな~メガホンで応援してね!」→アキ無言。
しまじろう「一緒に踊ろう!」→アキ落ち着かず飽きて帰りたがる。
映画はアキには向かないのかしら?と思ったものでした。

で、今回のしまじろう。
正直もうしまじろう映画は幼くて適正年齢ではないのでは?くらいに勝手に思っていたのだけれど、5歳のアキにドはまり。
そうだよね、5歳もまだまだ幼いわ。ちょっと勘違いしていた。
今回ももらったメガホンを手に観たのだけれど、
しまじろう「みんな~メガホンで応援してね!」→アキ、喉潰れるわ!くらいの声で応援!!
しまじろう「みんなも踊ろう!」→たーのしー!体が動いちゃう!!
最初から最後までお友達と一緒に楽しんだのでした。
楽しめてよかった・・・三歳のアキにはまだ早かったのかもね。
さらにお友達と一緒っていうのも楽しみが増えた理由かもね。

一緒にいったお友達とアキはちょっとタイプが似ていて、ぶつかることも多いんだけれど、ずっと仲良くしてくれると嬉しいななんて思いながら、私も映画を楽しんだのでした。
しまじろうの映画、おととしもそうだったのだけれど、ちょっと母親も泣かせにくるのよね。
今回もまんまとちょっと泣いた・・・。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-04-01 19:23 | こども | Comments(0)

お別れ

f0171453_20345731.jpg
今年も転勤でお別れするお友達との送別会atゲームセンター!笑
近所のショッピングセンターのゲームコーナーが一番集まりやすいのでした。
ガラが悪い感じがするけれど、お金は使わないのが参加する家族内での暗黙の了解。
ゲーム機のデモでやっている感を醸しだし満足するこ子ども達が可愛い。

今年は熱いママさんからの提案でオリジナルのお揃いTシャツを作成したのでした。
クラスの全員に声をかけてもよかったのだけれど、お金の支払も発生するし、時間がない中全員の賛同は得られないであろうとのことで、同じクラスの、しかも幼稚園のサークルに属する家族に限定して声をかけて作成したのでした。
それでもお揃いのTシャツは、着る機会をかなりうかがわなければならないね。汗

Tシャツの柄のデザインは私がしたのでした。
絵はお別れするお友達の名前にかかっていて、でも上記の理由からぱっと見ではわからないようにした。
お引越しする子、アキとは同じクラスで、同じ習い事で・・・喧嘩したり仲良く遊んだり、とても親しんだのでした。
子どもたちよりも親の方が別れが惜しくて惜しくて、大泣き。
ちなみに幼稚園の修了式の日にも、クラスメイトの前でお互い大泣きしながら手紙を読んだ。恥
年齢は10も違うのだけれど、よく気が合う方だった。
別れは仕方ない。でもこれが縁の切れ目となりませんように。
子どもたちのようにさっぱりと別れて、でもまた会うときはいつものように会えますように。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-03-27 20:53 | こども | Comments(0)

クッキーパーティ

f0171453_10153085.jpg
幼稚園は春休み。
アキは前年度に続き、今年度も精勤賞をいただいた。
今年度はアキの発達障害関係で、病院通いの為に幼稚園をお休みすることもしばしば・・・。
賞は諦めていたのだけれど、どうも定期的な通院によるお休みは欠扱いにならないらしく精勤賞受賞者にアキの名前もあった♡
体調を崩すことが無かった証拠だね。

修了式終わりには、お友達のお家でクッキーパーティが開かれたのでした。
クッキー生地はあらかじめ作っておいて、こどもたちは型抜きを担当。
型抜きにも性格が出て、子どもたちを見ていて面白かった。アキは当然雑。笑
何家族参加したろう・・・総勢24人くらいだろうか。
お家がミシミシきしみそうなほどのパーティだった。

さて、春休み。そして新学期!
アキはついに年長さんとなる。大丈夫かな・・・。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-03-18 10:28 | こども | Comments(0)

お楽しみ会(年中)

f0171453_08555106.jpg
アキの幼稚園では年中さんのお楽しみ会が行われたのでした。
幼稚園の行事の一つなのだけれど、保護者側がプログラムを作り、運営をするというちょっと不思議な行事。
年少さんのときはクラス委員として運営を考える役だったので、なかなか大変だったのだけれど、今年は一保護者として出席なので楽なもの・・・のはずだったんだけれど、今年も保護者の出し物に担ぎ出されて、落ち着かず過ごしたのでした。

だがしかし。
自分でも驚いたのだけれど、人前に出ることに対して抵抗感がなくなっているなと感じたのでした。
前年度のクラス委員体験、そして去年の同じくお楽しみ会でも寸劇披露とか、場数を踏んでいるのが影響しているのかなと思う。
おかしな被り物をして、人前に出ても恥ずかしくない。笑
今年は子どもたちと保護者の前で寸劇&楽器演奏をしたのでした。楽しかったな。
お楽しみ会での自分の反省点を挙げるとしたら、お楽しみ会中のこどもたちのゲームでズルしそうになったアキを叱って泣かせてしまったことくらいだ。

人前にでることが苦手と思っていたけれど、やってみるもんだな~と思うのでした。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-02-26 09:10 | こども | Comments(0)

プール再び

f0171453_06505086.jpg
アキのプール通いが始まったのでした。ちゃんとしたプールに入るのは親子教室以来だから1年ぶりくらいかな?

子ども向けのプール教室(3か月の短期)なので、参加は子どもだけ。
保護者はプールを見学できる場所で待機をするのでした。
何しろ興奮すると人の話を聞けなくなるアキなので、先生を無視してプールサイドを走り回ったりしないかな~?(*_*;)と、心配だったのだけれど、幸い幼稚園で一緒のクラスの女の子も偶然にも同じ教室に参加していて、その子と一緒だと暴走はしない様子。
というか、私が側に居ないほうが静かにしていられるように見えるぞ。
これがアキの外むけの顔なのかな。

一年前、親子教室の最後の日に、えいやっと何とか顔を水面につけることができたアキ。
どうもその経験がかなりの自信になっているようで、今回のプール教室では2回目にしてもうビート板を使っての練習に入っている。
アキがぷはーっと水から顔を出すと笑っている・・・自信をもってできるから先生の話も素直に聞けている様子。
自信があると違うなあ。
すごく楽しそう。
このまま楽しいの気持ちを持ち続けられて、次のクラスにつながるといいな。




[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-01-20 07:05 | こども | Comments(0)

クリスマス会(年中)

f0171453_07222369.jpg
アキの幼稚園のクリスマス会があったのでした。
今年も私はママさん聖歌隊の一員として参加。いや~歌った歌った。
今年は「牧人ひつじを」「きよしこのよる」をディスカント付で歌ったのでした。
聴いていた方々からは「今年の聖歌隊は良い」との評価をいただいたのは、このディスカントを担当したママさんが上手だから。笑
自分の手柄ではないが、褒められるのは嬉しいので、お褒めの言葉は素直に受け取っている。

年長組さんによるキリスト降誕のページェントには去年も感動したけれど、今年ももれなく感動したのでした。
小さな子らが必死にセリフを覚え、劇中の動きを覚え、歌を覚え、大勢の視線の中それをこなしていく。
なんだろうね、わが子が出ていてないが故に優しくただ見守れ、しかもうっすらその子らの成長も見てきているから大泣きできる!笑
来年アキがページェントの当事者になったら・・・とちるなよ~ふざけるなよ~というハラハラが感動を勝ってしまって、泣けなさそうな気がする。
楽しみには違いないけど。

写真はアキの作った雪ダルマ(一番下)。幼稚園の壁に貼ってあったのでした。
鼻が大きいなぁ・・・

[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-12-14 07:35 | こども | Comments(0)

漂流物

f0171453_08255295.jpg
アキの通っている幼稚園では、週末に絵本を一冊借りて持ち帰る決まりがあるのでした。
で、アキがよく借りてくる絵本というのは大体決まっているのだけれど、デイヴィッド・ウィーズナーという方の絵本もその一つ。
中でも「漂流物」と「かようびのよる」が多い。
どちらも私もとても好きなのだけれど、特に漂流物がわくわくするのでした。
海辺で流れ着いた古い箱型のカメラを拾ったよ、中のフィルムを現像してみると・・・

本当にお気に入りでいつも借りていたのだけれど、おうちにあったらいつでも見れるよね、とアキと相談して買うことに。
ネットで買ったのだけれど、なんとなくハードカバーではなく、中古のペーパーバックを買ったのでした。
しかも英語版!だって文字はない絵本だからね。平気。
なんとなく選んだペーパーバック版だったのだけれど、これは正解だった、と手元に届いた本を見て思ったのでした。
絵が大きいし、ハードカバーより子どももめくりやすいし、雰囲気がとても良い。
この絵本は畏まったハードカバーよりペーパーバックのほうが合っている気がするのでした。(褒めています!)
面白いね、面白いね、とアキと一緒に眺めているのでした。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-11-06 08:47 | こども | Comments(0)

お休みの日には

f0171453_19402964.jpg
幼稚園が先生の研修だか何やらでお休みだったので、子どもが仲良しの何家族かで集まってサンピアザ水族館へ。
我が家も含めた3家族でJRで現地へ向かい、水族館前で他のお友達家族と待ち合わせしたのだけれど、私が調べたJRの列車の時間がとんでもなく出鱈目で、出だしから躓いた感を演出してしまったのでした。
待ち合わせ時間には少し遅れたけれど、ちゃんと着けたのなら良いね。
や、それは私の言うことではないか・・・汗

水族館では子どもたちはあまり熱心に魚は見ず、アキに至っては順番待ちもほとんどないコツメカワウソとの握手会も「おれ、ぜったいしない!」と頑なに理由なき反抗をしてみたり(最終的に握手はした)、まぁ予想通り大騒ぎ。
写真は水族館内の階段を駆け上がる子ら。魚を見てくれ、魚を。
売店ではガチャポンをやらせろと男の子5人で大懇願。だから魚ー!

その後は、科学館前の屋外スペースで走り回る子どもらをおしゃべりしつつ見守っていたのだけれど、アキが丘になっている部分から見つけてきた物があったのでした。
f0171453_10435503.jpg
これ。
土と錆で形はぼんやりしているのだけれど、ぱっと思いついたのは薬莢?
(ちなみに薬莢だとして火薬など危ないものは入っていなさそうでした。一度アキが放り投げて、中に詰まっていた土も全部出た。)
気になって調べてみたら、サンピアザの場所って旧陸軍の弾薬庫があった、という記事のブログを発見したのでした。
その時代のものだとしたら、面白いものを見つけたなぁアキ。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-10-29 10:51 | こども | Comments(0)