カテゴリ:こども( 236 )

日によりけり

f0171453_1039347.jpg

赤ちゃんって日によって顔が変わると聞いていたのだけれど、それは本当だったのでした。
しゅっとした顔つきの日もあれば、いつもに増して三番目の兄さんと同じ顔しているなぁと感じたり、そして妙にぷくぷくして福々しい顔つきだわ~という日もあり。
本日は・・・いつもよりおでこが長く見える日の模様。福禄寿っぽくてこれはこれで福々しい。
日によって違うのは顔つきだけじゃなくって、おっぱいを飲む頻度とか、睡眠も然り。
あ、思い出したのですが、出産してからおっぱいって言う言葉を抵抗なく口にできるようになったのでした。
これはワタクシ・ミユキの小さな変化。

話を戻して、アキさんは夜間、比較的まとまって眠ってくれるので助かっているのです。
夜間は大体3~4時間くらい連続して寝てくれる感じ。
アキさんの沐浴の時間を固定したため、夜の授乳時間は20時頃・1時頃・4時頃そして朝8時頃のパターン。
ただ、数日前あたりには1時以降寝てくれない~(泣)という状況が続き困っていたのでした。地獄・・・。
なぜ寝ないのか観察してみたところ、
授乳→腕の中で眠る→ベッドに置く→覚醒→阿波踊りのような動き→ぐずりだす→再び授乳→・・・の繰り返し。
これはお布団が冷たくて目が覚めるのでは?と授乳中にゆたぽんでお布団を温めておいてみたところ、すうっと眠ってくれるようになったのでした。バンザイ!
地獄なんて書いたのだけれど、こんなのまだまだ!という思いがあってあまり思い詰めることなく過ごせているのです。
というのも、先日テレビで見た4つ子赤ちゃんのお父さん・お母さんの苦労に比べればこんなのなんでもないな、と思えるので。
そのテレビでは確かお父さんお母さんは、決していちどきに眠ってくれない4つ子ちゃんを交代で一晩中あやしていたと思うのです。
夜中じゅう赤ちゃんの泣き声が絶えることがないって考えただけで、ああ~と頭を抱えたくなっちゃうのに、「この苦労も今のうちだけ。いずれ懐かしい思い出になると思う」と笑顔で言えちゃうご両親が素敵だったのでした。
良いタイミングでこの番組を見れて良かった。この番組を見ていなかったらきっと今頃愚痴のオンパレードだったかも。

病院から請求がきたよ
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-11-05 11:53 | こども | Comments(2)

くまのこ

f0171453_14293327.jpg

今日はお洗濯日和。
頂き物のガーゼタオルも良く乾いて素敵。ありがとう~。
アキさんがやってきてからはお洗濯ものが増えて増えて、洗濯竿が常にいっぱい。
『生きることは汚れること』って歌っている洗剤のTVCMがあるけれど、本当だなぁと実感中なのです。

タオルの熊を見てなんとなく「あめふりくまのこ」という歌が小さい頃好きだったなぁと思い出し、よしアキさんに歌ってみようと挑戦したのですが、早速出だしの歌詞が思い出せなかったのでした。
メロディは完璧なんだけどなぁ。
仕方ない、何か違う童謡を・・・と思ったのだけれど、歌詞どころかどんな歌があったっけ・・・?という有様。
「ぞうさん」すら歌詞を思い出せず、途中からふふふ~んと鼻歌になっちゃう。
歌ってあげたいのに、何一つ歌えないふがいない母を許しておくれよ、アキさん。
勉強するから。これから勉強するから。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-11-02 15:15 | こども | Comments(2)

遅く戻る

f0171453_10255091.jpg

三番目の兄さんが用意していたもの、それは車に取り付ける「子ども乗ってますよ」のマーク。
ワタクシ・ミユキは車に興味があまりなく、運転免許すら持っていないので、思いつきもしなかったよ。

そんな三番目の兄さんには小学校時代からお付き合いのあるお友達グループがあるのですが、先日そのうちの一人が交通事故で突然亡くなってしまったのでした。完全なもらい事故。
事故のニュースがテレビで流れていたけれど、なんてことはないその日のニュースのひとつとして、ほんの数秒、たんたんと事故の様子を伝えただけ。それだけ。
ワタクシ・ミユキはお会いしたことはなかったのだけれど、確かお子さんがまだ小さいのではなかったかしらとやりとりしていた年賀状を引っ張り出して確認したところ、今1歳。
子どもを産んだばかりの私には相当しんどい現実だわ。
こんなことが起こるのだな。心から怖い。
1歳でお母さんが居なくなってしまった子と、まだ1歳の子を置いて逝ってしまったお母さんと、どちらもやりきれない。
三番目の兄さんは、お通夜のあと、夜遅くに戻ってきたのでした。
悲しみしかないお通夜だったに違いない。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-10-29 11:02 | こども | Comments(2)

昔の赤ちゃん

f0171453_1350185.jpg

産後のお手伝いに実母がやって来て・・・そしてもう帰ったのでした。
4日間しかいなかったのか。
早々と帰ってしまったのはワタクシ・ミユキが産後とは思えないくらい元気なことと、今のところアキさんがあまり手のかからない赤ちゃんであること、それと寒いこと(タバコをベランダで喫むのがつらい)が理由。
あ、あと自由にアルコールを飲めないことも、きゅうくつに感じたのかも・・・。
実母としてはアキさんを見れたことでもうかなり満足した様子だったので、これで一応は親孝行的なことも多少できたと自分では判断。帰ると言いだした母を引きとめははしなかったのでした。

へそ曲がりな実母だからアキさんを見たら、きっと「わぁ、ぶっさいくな子!」とか言うんだろうなぁと思っていたのですが、意外や意外「キャー小さい!可愛い!」と喜んでくれたのでした。
これは本当に本ッ当に驚いた!これが孫パワーか?
そしてもう一つびっくりしたことは、実母がワタクシ・ミユキが赤ちゃんだった頃に着ていた産着を持ってきたこと。
写真でアキさんが来ているのがその内のひとつ。
写真のタイプは着せてみるともこもこで、手が出ないのでスリーパー代わりに着せているのですがこれからの季節に結構重宝。
ぱたぱたと袖を振って動くアキさんを見ていると、かわいいなーとにんまりしてしまうのです。しかも麻の葉模様っていうのがいいな。
実母はこの産着を着たアキさんを見て「昔の赤ちゃんだ。」と一言。
こんなものを大事にとっていたとは・・・。ちょっと感動したのでした。
他にはお茶碗と汁椀を5客ずつ持ってきた実母。何故?
どういう意図でこんなに持ってきたのかは分からないのだけれど、うち、本家じゃないからこんなにお茶碗は要らないよ・・・。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-10-26 14:32 | こども | Comments(2)

出産の記録

f0171453_14394246.jpg

生まれたばかりの小さい人の名前はアキさんです。
二つの意味を込めて名付けたのでした。

出産の始まりは破水だったり陣痛だったりおしるしがあったりと人によって様々で、ワタクシ・ミユキの場合は破水から始まったのでした。
8日の夜中にちょろりと破水をし、入院となったのですがなかなか定期的な陣痛が来ずに二日間陣痛室と一般病室を行ったり来たりし、11日の午前2時57分に自然に出産。
破水をしたのだからすぐ産めるものと考えていたのですが、きちんとした陣痛が来ないと産めないって知らなかった・・・。
ちょうど入院時期が日曜・祝日だったため病院の都合で誘発は行われず、自然に産むことができたのでした。

これから長いです
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-10-22 15:10 | こども | Comments(2)

無事に生まれました

f0171453_1134582.jpg

ご無沙汰しております。
10月11日の早朝に無事に男の子を出産しておりました。
出産って・・・すごかったです。
世のお母さん方みなさんをあらためて尊敬し直しているところなのです。

とりあえず 無事だ!ということのご報告でした。
詳細はのちほど別にゆっくり書こうと思っているのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-10-18 11:12 | こども | Comments(12)