カテゴリ:ダイアリ( 794 )

送別が終わらない

f0171453_05420750.jpg
前回の記事の、この三月で転勤してしまうお友達家族への送別がなかなか終わらない・・・
幼稚園では私と共にいろんなサークルに所属している方だったし、一番仲良かったよね~ということで、寄せ書きだ、プレゼントだ、ビデオレターだといろんな役割が回ってくる。
しかも締め切りが早いんだ!なーぜー!?
こちらもいろいろやりたい気持ちはとても大きいので、引き受けてしまうのだけれど、個人的な送別の用意になかなか手が付けられない状態。
・・・まぁいいか。
上の絵は、所属していたサークルになじみのあるキャラクターを、寄せ書きのために描いたもの。
まだまだ送別のために用意していることは多い。
それだけ愛された人だったのだね。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-03-15 07:06 | ダイアリ | Comments(0)

またお別れの季節

f0171453_06080329.jpg
三月はお別れの季節、なのでした。
転勤を伴うご家庭が多いこの地域。当然幼稚園のお友達でもお引越しは多く。仕方ない仕方ない~と思うけれど、やっぱり悲しい!
今年も仲良し家族が転勤に伴うお引越しが決定したのでした。

今回転勤でお別れする方は似顔絵の上手な方で、幼稚園関係のイベントではなにかと頼って似顔絵を描いてもらっていた。
先生へのメッセージカードとか、それこそ転勤で幼稚園とお別れするお友達へ送るDVDのジャケットとか・・・。
今回はお世話になったお礼を込めて、私が送別DVDのジャケットに似顔絵を描いたのでした。
色鉛筆で描くのはその方の手法を真似た。
割と似せて描けたと思えたのだけれど、子どもたちのほうが似ている(と思う)!

やってみて似顔絵は難しいな~と思ったのでした。
特徴を強調すれば似るんだろうけど強調しすぎると大変なことになるので(笑)ほどほどに、それでもって女性はちょっと美人めに♡
似せつつ盛る。このバランス!
今回はもともと整ったきれいな方だったので、盛る必要がなく、その点は楽だった。
裏にはまた会おうね!の願いを込めてまたね、と書き込んだのでした。
似顔絵を描いているときは、絵を描くことに夢中でなんとも思わなかったのだけれど、またねと書いた途端、なんだか悲しくなって涙が出たのでした。
2年間楽しかったね。本当に楽しかった。

・・・よーく考えてみれば、その方の転勤先は同じ道内なのでちょっと遠出すれば会えそうなんだけどね。
去年、インドへ行ってしまったお友達家族と比べればなんでもないじゃないか!とも思えるんだけどね。
でも、やっぱり悲しい。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-03-08 06:35 | ダイアリ | Comments(0)

お見送り

f0171453_08311895.jpg
日曜日。
お天気が良かったので、近くの公園でスキーをしたら楽しめるのでは、と思っていたら。
アキが青少年科学館へ行きたいと急に言い出したのでした。
で、素直に行ってみたら、駐車場が満杯だったので、ぐずるアキをなだめて行先を北海道博物館へ変更したら、休館とのこと・・・
あーうまくいかないものだ!
しかし・・・なぜか休館の博物館の駐車場にお巡りさんがいっぱいいるぞ!?と思ったら、博物館を皇太子さまが見学しているとのことだったのでした。
冬季アジア札幌大会の開会式へご出席されるために、来道していたんだね。
警備のおまわりさんがぜひに!と勧めてくれたので、お帰りになる皇太子さまをお見送りすることに。
(3)というゼッケンをつけたパトカー(しかも赤色灯が赤と青だった)が通ると、
「皇太子さまが乗った車が通るまで、あと3分ですー」
(1)というゼッケンをつけたパトカーがが通ると、
「あと1分で皇太子さまが乗った車がきまーす」
「皇太子さまが乗った車には臙脂色の旗がついていますからね!見逃さないでくださいね!」
と、警備のお巡りさんがこと細かに教えてくれたおかげでお見送りは無事にできたのでした。
ちゃんと車のスピードを緩めて、窓を開けてくださった。
のちにテレビで冬季アジア大会の開会式の中継を見たアキが「あ、こうたいしさまー!」と喜んだのでした。
想定外の日曜日。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-02-26 08:52 | ダイアリ | Comments(0)

そういう時期

f0171453_19330286.jpg


幼稚園の人形劇サークルでは、そろそろサークルに在籍する卒園児ママさんへ向けてのプレゼントづくりのピーク。
そんな時期なのでした。
メンバーのできることを結集して、作ったプレゼント。
できたのは羊毛フェルトのクマとタティングレースの花とレジンのネームプレート。それをまとめたキーホルダー。大盛。

羊毛フェルトは、実は私が推したもの。自分だってやったことなかったけどな!笑
やってみればできると、軽い気持ちでメンバー8人を巻き込んで、時間を設けてみんなで作り出したのでした。
私はと言えば、初羊毛フェルトとは言え、何かと手芸的なものをやったりやらなかったりしているので、すんなり仕上がった。
けれど、普段あまり針は持たないスタンスのママさん方は、目の前で悪戦苦闘を繰り広げていて、ちょっと申し訳ない気持ち。
そうだよね、誰しもが楽しいと思う作業ではないよね・・・と少し反省したのでした。(言わなかったけど。)
時間がかかったり、途中で投げ出しそうな方がいたりと途中ドキドキすることもあったのだけれど、仕上がってみれば、一つ一つ個性あふれて面白い熊ができた。
同じものを作ったはずなのに、作る人が違うだけでこんなにも違うものができるなんて!
勝手に人を巻き込んだものの、作ってよかったと思えたのでした。
モノを作るって面白い!

送別のプレゼントを作る作業は、もうしばらく続くのでした。
本当に、そういう時期。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-01-28 18:46 | ダイアリ | Comments(0)

インドからのはがき

f0171453_09034981.jpg
去年インドへ転勤して行ったアキのお友達から年賀状が届いたのでした。
遠く離れているとはいえ、結局LINEでちょこちょこトークはしているからアレですが、やっぱり葉書や手紙って特別。
インド・・・なぜかゆるーいイメージを持っていたので、わずか一週間で、しかも葉書の状態が良く届いたのには勝手に驚いた。笑

昨年の三月に札幌を引っ越ししていったのだけれど、なんやかんやで渡印したのは九月?頃だったと記憶している。
(記憶違い!後で確認したら十一月でした。)
現地の近所にある写真屋さんで文面をデザインしたと書いてあり、写真の様子も楽しそう!
転勤族で、その土地その土地を楽しめる方だったから、インド生活を満喫できているのではないかと想像する。
小さな子を抱えてのインド生活、大変なことももちろんあるのだろうと思うのだけれど、いいトコばかりみて羨ましく思っちゃうな。
今度は私からインドへ手紙を送ってみる約束をしているのでした。
インドへ手紙・・・初めての経験だから楽しみ。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-01-11 09:19 | ダイアリ | Comments(0)

成人式

f0171453_20204466.jpg
(三番目の兄さんの)姪っ子の成人式があったのでした。
もう20歳かぁ。初めて会った時はまだ2歳になっていなかったと思うけど、そうかぁそんなに経つのか。

前日に、姪っ子のためにお祝いを用意していたら、幼かった姪っ子との思い出が頭を駆け巡って、少し泣いてしまった。
一緒に用水路のどじょうを捕まえたなぁ・・・忙しい両親に代わって、私と三番目の兄さんとであちこち連れて行ったっけなぁ・・・雪まつり会場の雪の滑り台が怖くって叫びながら滑る私を見て「恥ずかしい!」って言ったよね・・・あはは。
明日、姪っ子の晴れ姿を見たらきっともっと泣いちゃうんだろうなぁと思ったのでした。

が、実際は泣かなかったのでした!忘れた。
振袖姿の姪っ子は本当にきれいで「綺麗だなや」しか思えなかったよ。
綺麗すぎて圧倒されたのでした。笑
振袖もすごいし、若い娘ってのはすげぇな!とおじさんのような感想しかなかったのでした。恥

風もないとても良いお天気の中、姪っ子はキラキラしながら成人式会場へ向かっていったのでした。
輝く瞬間は本当にキラキラ眩しくして見えるものなんだな。
おめでとう、姪っ子。
おばちゃんは、思わずおっさんのような感想を抱いてしまったけれど、本当に嬉しい。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-01-08 20:30 | ダイアリ | Comments(0)

今年はどこへ

f0171453_20142703.jpg
あけましておめでとうございます。
のどかなお正月を過ごしているのでした。
例年は動物園へ出かけていたのだけれど、今年はホテルの一室で行われていた鉄道模型を見に行ったのでした。
アキは喜んで、HOゲージだかNゲージだかを運転させてもらっていた。
ここまで小さくて細かい鉄道模型たちがワーと走っているのを見ると可愛さもあるなぁ。
喜んではいるけれど、アキは正直『小鉄』を名乗れるほど鉄道に詳しいわけでもなく、それが自分でもジレンマに感じているのが伝わる気がする。
鉄道、車、恐竜、虫・・・どのジャンルでもお友達に必ずアキより詳しい子がいるんだよね。笑
今年は何か、得意なものが見つかるといいね。

ということでどうぞ新たな一年もよろしくお願いします。
去年よりはたくさん書こう。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-01-03 20:25 | ダイアリ | Comments(0)

今年もおもちつき

f0171453_05325762.jpg
今年も家族でお餅つきをしたのでした。
かなり作るお餅の量は減ったけれど、臼と杵でペンタコス。
家族の高齢化に伴う体力の低下で、毎年毎年どちらで餅を作るかという『臼&杵』vs『自動餅つき機』の闘いがあるのだけれど、今年もなんとか臼と杵組が勝利したのでした。
せっかくだからアキへ体験させてやりたい親御心もあるけれど、臼杵で作るほうがのちのち手で加工しやすいんだよね。
自動餅つき機で作るとお餅は楽に出来上がるけれど、熱いわすぐお餅は固まりだすわで餅地獄。
お餅は家族と、友人などへ配る予定。

ちなみに今回はお義父さん・義母さんは餅つきに参加しなかったのでした。
二人とも今年最後のデイへ出かけて留守だった。
毎年毎年行うお餅つきは楽しい家族の行事だけれども、ちょっとずつの変化も感じるから寂しさもなくはない・・・。
けれど、アキが楽しんでくれるのなら!と思うのだけれど、当人はちょっとお餅を触ったくらいで飽きている様子だった。
おのれ・・・みんなお前のためと言っても過言ではないというのに・・・。
結局大人の満足の為なのかな。
疲れるだの言ってもやらずにはいられないのかも知れない、お餅つき。
そして今年もおしまい。
皆様、良いお年をお迎えください。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-12-29 05:48 | ダイアリ | Comments(0)

今年の幼稚園のツリー

f0171453_09362418.jpg
今年のアキの通う幼稚園のツリーのテーマカラーは白。
三つくらい色のテーマがあって、今年は何色かな、というのがここ数年の私の楽しみ。
木の実などでオーナメントを作っているのが素敵なのだけれど、聞いたところによるとまだ未完で、これからさらにプラタナスの実が加わるらしい。
これまで、クリスマスとかあまり気にせず生きてきたくせに、ツリーの完成をすっごく楽しみにしている自分。

今年も私は幼稚園のクリスマス会の聖歌隊に加わることにしたのでした。
来年はアキも年長さんになりページェント(生誕劇)を演じることになるため、保護者はしっかりとわが子を見たいでしょ?なので年長さんの保護者は聖歌隊には立候補しないのが通常。
聖歌隊としてクリスマス会に参加できるのも今年が最後なのだろうなぁ。と思うとちからが入る!
がんばろう。そして、風邪とかくだらない理由で欠席しないようにもしよう・・・。

あっという間に年末感が漂いだしているのでした。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-11-25 09:47 | ダイアリ | Comments(0)

夏休みの宿題。私の。

f0171453_15563878.jpg
幼稚園の始業式は来週。アキの夏休みもあとわずか。
始まる前には長い休みだな~なんて毎回思うのだけれど、あっという間だったな~と休みの終わりに思うのもまた毎回のこと。
アキには夏休みの宿題に、幼稚園から毎日色を塗るひまわりの絵を渡されているのでした。
あらかじめ設定した目標を達成できたら、ご褒美として一日に一つ、色を塗る。
今年の目標は「毎日ニコニコ。すぐにおこりません。」「お手伝いをいっぱいします。」この二つ。
達成できている日は数えるほどしかないけれど、色は既に全パーツに塗られている。笑
お手伝いはともかく、怒りっぽいアキには高い目標だったか。

で、今年の夏は私にも宿題があったのでした。
それが写真のイタチのパペットづくり。イタチ!イタチ!
腹巻を巻いている子が完成した人形。他は試作・・・というか、作っている最中に不都合が生じてやり直した。
パペットなのに手を入れる部分が無いとか首と胴のつなぎ目が細すぎて指が入らないとか、低レベルな過ちを繰り返してしまった。呆
いやもう手を入れる部分が無いとか、私は何を作ろうとしていたのか・・・
これ、幼稚園の人形劇サークルで秋の公演の際に使用するのでした。
材料費など請求しづらい感じなので、家にあるもので作ったのでした。身体はカーテンだ!
テディベアなどの作り方の本を参考にしたのだけれど、立体的なものを作るのって難しいんだなぁと学んだのでした。
そもそもイタチがどんな動物なのか、何が特徴なのか未だわかっていない。
もう少し耳が小さいとよかったのではないか、そう思うけれど後の祭り。もう作り直す気はない。
完成品のイタチくんはアキが面白がって手を入れて遊ぶから、実はもう毛羽立ってきていて、新品なのに中古感がすごい。
・・・少々困っている。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-08-18 16:21 | ダイアリ | Comments(0)