カテゴリ:ダイアリ( 801 )

帰省の帰り道に今年も函館

f0171453_14490499.jpg
青森を発って、去年と同様函館のお友達(のおばあちゃん)のおうちへ泊めてもらったのでした。
これもまた台風の影響?新幹線は25分ほど遅れて到着。想定外の待ち時間。
新幹線は満席で通路に立ったままの人もチラホラ。
指定席なのに一瞬早く私たちの座るはずの席に着席したおばあちゃんが居て、不要なやり取りがあったり、少し離れた席ではゲームの対戦で大騒ぎする親子も居て、なんだか落ち着かなかった。汗


More
[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-08-17 15:35 | ダイアリ | Comments(0)

浅虫水族館

f0171453_09324120.jpg
帰省中はお天気に恵まれず・・・で、雨に当たらないところを求めて久々に行った浅虫水族館!
私にとっては本当に久しぶりの浅虫水族館。20数年ぶりくらいかも!とアキより興奮したのでした。f0171453_09364992.jpg

建物は変わっていなさそう。水中トンネルだって記憶にあったとおりに見える。
けど展示内容は地域性を持たせてあって工夫が見られた。陸奥湾のさかなとか、ホタテの養殖の網棚を見せていたり。
昔の水中トンネルは特にどこの海なんてくくりはなく、いろいろな魚が泳いでいた気がする。
ウサワの昔ながらの水中トンネル→ 
今このようなトンネルを作ろうとするとこういう鉄骨はなくして、ずーっとクリアな水槽面になるのかな。
雨だったしお盆時期だったから混雑もしていたのだけれど、展示はたいして並ぶこともなく、しっかりと一通り見ることができたのでした。
田舎の良さが出た。

ちなみに水族館へ行くときに夜越山(夜越山森林公園)という場所を通ったのでした。
この地名になんとなく覚えがあるな~と母に伝えたところ「子どもの頃に何度も来た」とのこと。
私がそのことをうっすらとしか覚えていないことをちょっと怒られた。せっかく遠いところに連れてきていたというのに!って。
本当だわ、私もせっかく頑張って連れてきていたのにそのことをアキに忘れられていたら、やっぱりちょっと気を悪くするかも。笑
名前と来たことあるかも・・・くらいしか覚えていなかった夜越山、平内町にあるということは今回初めて知った。
そして実家から遠いというイメージを持っていた浅虫水族館は思っていたより遠く感じなかった。
母は遠出だと行っていたけれど、車で行ってみてこんなもんだったかなと感じたのでした。
これは北海道スケールに慣れているせいなのかも知れないな。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-08-16 10:21 | ダイアリ | Comments(0)

虫取り三昧

f0171453_17414843.jpg
いや、嘘だ。三昧はウソ。
青森へ帰省してきたのでした。

初日は写真の通り虫取りをしたのだけれど、その後数日は台風の余韻でずーっとずーっと雨で、外で何か、というのはまるでできなかった。
とりあえず、虫には事欠かない田舎なので外で活動できた初日(しかも1時間位・・・)の虫取りの成果を記録する。
虫が苦手な方はMoreは見ないことをオススメします。
たくさんではないんだけど、こういうことって数の問題ではないのでしょう?きっと。


More
[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-08-15 18:28 | ダイアリ | Comments(0)

今年の帰省

f0171453_11421910.jpg
今年も実家へ帰省するつもりなのでした。
ただいつもと少し違うのは、期間が短いこと。

いつもは三番目の兄さんは、飼い猫すすのお世話のために(もちろん仕事もある。笑)帰省には参加しないのだけれど、今年はその三番目の兄さんは出張でいない。
すすのお世話を義実家にお任せすることにしたのでした。
快く引き受けてはもらえたのだけれど、気難しく扱いづらいすすおばあちゃんは、預けている間が非常に心配・・・。
なので期間短めで戻ってくることにしたのでした。
すすに関しては本当に不安・・・。不安しかない。
考えだしたら止まらなくなるのでやめよう。

去年の帰省はどうだったろう~と写真の去年の7・8月のフォルダを見ていたら、ファンルームの画像が出てきた。↑ファンルーム、上の画像です。
そうか、アキがファンルームにはまりだしたのはちょうど一年前か!と驚いた。
頻度は減ったけど、アキはまだ思い出してはファンルームを編み編みして、ブレスレットをプレゼントしてくれたりする。
デザイン的なものはシンプル一辺倒なのだけれど、色をリズムよく配置できるようになったり、ワンポイントで明るい色を配置してみたりと成長も見られる。
胡坐をかいてファンルームを編んでいるアキの背中は当然小さいのだけれど、どっしりと落ち着いて見えるので不思議。

ああ。
話はそれましたが、とりあえず、行ってきます。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-08-06 11:55 | ダイアリ | Comments(0)

かもちゃん

f0171453_08522895.jpg
かもちゃんがどこかにいる。

お友達のピアノ発表会へ行ってきたのでした。
会場は時計台!初めて入った。
画像は時計台に向かう前に立ち寄った赤レンガの池。
幼稚園の子も参加する発表会だけれど、夜の時間帯で、子どもたちの発表の合間に皆で静かに時計台の19時の鐘をやり過ごしたのでした。大音量ではなかったな。

お友達がピアノをかっこよく弾く様子を見たら、アキも少し興味を持つかな~と思ったりもしたけれど、まったく。
一曲演奏が終わるごとに「これが最後か」「次で終わるのか」・・・終わりを心待ちにしている・・・。
楽器を演奏することへの興味の無さが清々しすぎて。笑

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-26 09:00 | ダイアリ | Comments(0)

夏休みまで

f0171453_17015365.jpg
幼稚園の帰り道、「青い花!」とアキが珍しく花に注目をしていたのでした。紫陽花だ。
同じ花なのにちょっと色が違うよねぇ、なんて言ってみたら「ほんとだ!!」と素直に驚いていて、それがまた微笑ましい。

アキの目下の気がかりはいったいいつ夏休みが始まるのか、ということ。
あと〇日だよって、尋ねられるたびに教えているんだけどなぁ。
今年の夏休みは、8月に入ってから青森の実家へ帰ろうと、すでにチケットは入手。
去年同様青森から札幌へ戻る途中で函館へ寄り、お友達のおばあちゃんの家へ泊る気満々。笑

ちなみに函館までは新幹線を、函館から札幌までもJRで帰るつもりでチケットを予約。
予約が確定したのち、チケットを受け取りに行ったら窓口のお兄さんがもっと安くできるはずだと急に計算を始めたのでした。
おそらく乗らない区間の切符代も支払うことで、乗車券を一枚にまとめたもよう。
乗らない区間の切符代を追加で支払ったのに、トータル金額はお安くなる不思議・・・
計算しているときの窓口のお兄さんの嬉々とした顔・・・好きを仕事にしたのですねって感じ。
結果予約時よりお安くチケットを手に入れることができたので私も嬉々としちゃう。
楽しい夏休みになるといいな。

あと3回寝たら夏休み。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-19 18:38 | ダイアリ | Comments(0)

お久しぶりの更新と謎の卵

f0171453_18353876.jpg
タイトル通りのお久しぶりの更新!です。
ブログの更新が途絶えていたのにはたいして意味は無く・・・汗
強いて言えば、忙しかった。言い訳。

ちなみにこの間、毎日付けていた10年日記の記録もしなかった。
日記もブログもなんとなく手を付ける気が起きなくて、当初はそれでもやらなければ!と焦ってみたりもしたけれど、人生そんなときもあると開き直って今に至っていたのでした。
書かなかったから何がどうということもなく、ただ、10年日記はこのおよそ3か月分の記録が無いのが今になって惜しいという気持ちも出てきたけれど、どうしようもないのでどうともしない。

朝、ベランダの柵に卵が乗っていたのでした。
7時くらいにベランダの鉢植えたちに水を遣っているときには、無かった。たぶん。
9時前にそろそろ幼稚園へアキを送り届けるか・・・とベランダへ通じる出入り口の戸締りをしようとしたときに、柵の上の卵に気が付いたのでした。
子どもの手で持っているので、画像ではちょっと大きく見えるかもしれないけれど、タテ1.8×ヨコ1.4(測ってみた)の小さな卵。
とても驚いて思わず大きな声を出したので、すでに玄関でスタンバっていたアキも外靴を脱ぎ捨て飛んで来た。
何の卵かな?あたためてみよう!と大張り切りのアキだけれど、あたためたら孵るのか?
そして何の卵なのだろう。トリ・・・だろうな~スズメだろうか?ネットで野鳥の卵を見たけれど、確信が持てない。
よくわからないけれど、かわいらしく、大事なもの、という感じはする。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-06-30 18:49 | ダイアリ | Comments(0)

送別が終わらない

f0171453_05420750.jpg
前回の記事の、この三月で転勤してしまうお友達家族への送別がなかなか終わらない・・・
幼稚園では私と共にいろんなサークルに所属している方だったし、一番仲良かったよね~ということで、寄せ書きだ、プレゼントだ、ビデオレターだといろんな役割が回ってくる。
しかも締め切りが早いんだ!なーぜー!?
こちらもいろいろやりたい気持ちはとても大きいので、引き受けてしまうのだけれど、個人的な送別の用意になかなか手が付けられない状態。
・・・まぁいいか。
上の絵は、所属していたサークルになじみのあるキャラクターを、寄せ書きのために描いたもの。
まだまだ送別のために用意していることは多い。
それだけ愛された人だったのだね。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-03-15 07:06 | ダイアリ | Comments(0)

またお別れの季節

f0171453_06080329.jpg
三月はお別れの季節、なのでした。
転勤を伴うご家庭が多いこの地域。当然幼稚園のお友達でもお引越しは多く。仕方ない仕方ない~と思うけれど、やっぱり悲しい!
今年も仲良し家族が転勤に伴うお引越しが決定したのでした。

今回転勤でお別れする方は似顔絵の上手な方で、幼稚園関係のイベントではなにかと頼って似顔絵を描いてもらっていた。
先生へのメッセージカードとか、それこそ転勤で幼稚園とお別れするお友達へ送るDVDのジャケットとか・・・。
今回はお世話になったお礼を込めて、私が送別DVDのジャケットに似顔絵を描いたのでした。
色鉛筆で描くのはその方の手法を真似た。
割と似せて描けたと思えたのだけれど、子どもたちのほうが似ている(と思う)!

やってみて似顔絵は難しいな~と思ったのでした。
特徴を強調すれば似るんだろうけど強調しすぎると大変なことになるので(笑)ほどほどに、それでもって女性はちょっと美人めに♡
似せつつ盛る。このバランス!
今回はもともと整ったきれいな方だったので、盛る必要がなく、その点は楽だった。
裏にはまた会おうね!の願いを込めてまたね、と書き込んだのでした。
似顔絵を描いているときは、絵を描くことに夢中でなんとも思わなかったのだけれど、またねと書いた途端、なんだか悲しくなって涙が出たのでした。
2年間楽しかったね。本当に楽しかった。

・・・よーく考えてみれば、その方の転勤先は同じ道内なのでちょっと遠出すれば会えそうなんだけどね。
去年、インドへ行ってしまったお友達家族と比べればなんでもないじゃないか!とも思えるんだけどね。
でも、やっぱり悲しい。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-03-08 06:35 | ダイアリ | Comments(0)

お見送り

f0171453_08311895.jpg
日曜日。
お天気が良かったので、近くの公園でスキーをしたら楽しめるのでは、と思っていたら。
アキが青少年科学館へ行きたいと急に言い出したのでした。
で、素直に行ってみたら、駐車場が満杯だったので、ぐずるアキをなだめて行先を北海道博物館へ変更したら、休館とのこと・・・
あーうまくいかないものだ!
しかし・・・なぜか休館の博物館の駐車場にお巡りさんがいっぱいいるぞ!?と思ったら、博物館を皇太子さまが見学しているとのことだったのでした。
冬季アジア札幌大会の開会式へご出席されるために、来道していたんだね。
警備のおまわりさんがぜひに!と勧めてくれたので、お帰りになる皇太子さまをお見送りすることに。
(3)というゼッケンをつけたパトカー(しかも赤色灯が赤と青だった)が通ると、
「皇太子さまが乗った車が通るまで、あと3分ですー」
(1)というゼッケンをつけたパトカーがが通ると、
「あと1分で皇太子さまが乗った車がきまーす」
「皇太子さまが乗った車には臙脂色の旗がついていますからね!見逃さないでくださいね!」
と、警備のお巡りさんがこと細かに教えてくれたおかげでお見送りは無事にできたのでした。
ちゃんと車のスピードを緩めて、窓を開けてくださった。
のちにテレビで冬季アジア大会の開会式の中継を見たアキが「あ、こうたいしさまー!」と喜んだのでした。
想定外の日曜日。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-02-26 08:52 | ダイアリ | Comments(0)