<   2009年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今年も始めました

f0171453_20294682.jpg

今年も自転車通勤始めました。今日が初乗り。

タイヤにはあらかじめ三番目の兄さんが空気を入れてくれていたので安心だったのですが、ブレーキが壊れておりました。
スカッスカッと抵抗のないブレーキの握りには大変ドキドキしたのです。
あやうく車道に飛び出しそうになったところでなんとか止れたのだけれど、いやぁ危ない。
よく見るとブレーキのワイヤが外れていて、かぽりとワイヤを穴にはめてみたのだけれど弱い感じ。きゅっ☆とは止まれません。

今年初自転車通勤は、風もなく暖かったので気持ちが良かったのです。
北大の中ではバンカラ応援団とよさこいチームの勧誘が始まっておりましたよ。
そうそう、北大構内では建物が一棟消滅しておりました。びっくり。建てては壊す。
帰り道の空は美しかったのです。日が長くなりましたね。

それにしても
自転車は点検してもらわないとなぁ…してもらう!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-10 20:43 | ダイアリ | Comments(0)

言った言った

f0171453_2283521.jpg

仕事終りに急いで向かった英会話のレッスンのあと、約束通り三番目の兄さんにお迎えに来てもらおうと電話をしてみると
「おーう、社長(とその息子)と飲んでいるから来てよ」
とすでご機嫌の三番目の兄さんの声が受話器から聞こえてきたのです。

最近手がけたお店の開店祝いに社長ともども出かけて飲んでいたようで、それにミユキも呼ばれてみたのです。
社長さんとは初めてお会いしました。息子さんとも。
「いつも主人がお世話になっております…」なんて初めて口にしたよ。
お店は札幌駅地下の「えびすや」。立ち飲み屋さん。
立ちながら飲んで食べて。
途中からも社長さんのお友達なんかがぞくぞく終結して、中にはHBCのアナウンサーも。
わーアナウンサーなんて初めて見たよ。
わいわいがやがや、楽しく飲んで食べて、飲んで食べて。


あー満足。
写真は…本当は美味しい料理など撮りたかったのに、あっさりカメラも携帯も忘れて出かけていたものですから…。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-09 22:09 | ダイアリ | Comments(0)

み、見つけた

f0171453_17481976.jpg

丸一日一人で過ごしたくて午後から予定に入っていた英会話のレッスンを明日にずらしてもらったのに、ついうとうとして昼を寝て過ごしてしまいました。
一人だからこそいろいろとやろうと考えていたことがあったのに…自分馬鹿っ!

朝のうちは風もなく暖かかったので、久しぶりに洗濯物をおんもへ干したのです。
完全に乾くとは思えないけれど、うーん気分良。
ついでにベランダの鉢植えたちのチェックをば、と一鉢一鉢見ていたところ、クレマチスに新芽が見えておりました。

!!

君は…越冬ができるかどうか一番危ぶんでいたのに!
ツルのあちこちに立派な新芽が。あああ、ぱっと見はどうみても枯れているようにしか見えないのに…植物ってすごいなぁと大感心。
枯れ色の中に見える薄緑が新鮮なのです。
他にもヘンリーヅタの芽も、ハグマの木の芽も、うっすら紅らんで少しふくらんでいるよう。
チューリップも芽が見えてきているのです。
ただ、このチューリップは去年の時点でだいぶくじけた花が咲いていたので、今年もきっとなんじゃこれ?という花が咲くんだろうなぁ。
愛するバラ・ジュリア(品種名です。)は…なんだか毎年よりよぼよぼに見える。
というかひょっとして死んでいる?!もしや越冬失敗か?植えかえがまずかったのかなぁ…。それとも剪定の仕方を間違ったのか?
心配の種も発見してしまったのですが、とりあえず、季節は徐々にですが我が家のベランダにも色をつけてくれそうなのです。

あ、
近所に鳴る「遠き山に日は落ちて」のメロディ時報の鳴る時間も冬季間の4時半から5時に変更されておりました。
家に引きこもることでいろんな発見をした一日なのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-08 18:14 | ベランダにて | Comments(0)

習う

f0171453_2140843.jpg

3か月の製本教室がスタートしたのです。
ブルーの本が初回に制作した文庫本を改装したものです。けっこうきれいにできたと思うのです。
「どうですか?乗り心地は。」
「いいね」
「なかなかですな」
ダルマさんも絶賛中。

まっさらな気持ちで一から学ぼうと意気込んで初回のレッスンに参加したのですが、何せ先生のお話があまり聞こえないという事態に陥っております。
というもの先生のお話を聞いているミユキ含む初参加の生徒さんの後ろではもう何十年も教室に参加しているというベテラン生徒(へんな言葉)さんが常に自分の本を作る作業をしていて、その音にかき消されるのですよ。
あーなんか聞こえづらいなぁ…なんてぼうっとしていたら先生に「あんたなにやってんだ!さっさと寸法の計算しろよ!時間無いんだからさ!」と怒られてしまったのです…。
計算も苦手なのでその後さらに時間がかかり、先生ちょっといらいら。申し訳ありませんねぇ…。
とにかく次のレッスンには怒られないように、予習をしていこうと考えているところなのです。まっさらな…という思いは霧消。

ベテラン生徒さんも先生も相当の人生の先輩方で、年齢の平均をとったとしたら…うっかり70とかいってしまいそうな教室。友達ができればよいのだけれど…今のところ、その予定はたっていないのです。
いや、それではいけない。みんないい人なんだ、ちょっと歩み寄る努力をせねば。楽しく楽しくわいわいわーい♪なんて自分を頑張って盛り上げているのです。
ちなみに先生は入院する予定があり、次のレッスンはこれるかどうか怪しいそうなのです…。ええ~。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-07 22:19 | ダイアリ | Comments(0)

小秋日和

f0171453_18185622.jpg

何故このように枝を残して剪定されたのか…。剪定者の情け?

洗濯機の上に棚が欲しいと以前から三番目の兄さんに注文していたところ、今日やっと、では棚を作る材料を買いに行きましょうということになったのです。
てっきり近くのホームセンターで買い物をするのだろうと思っていたのですが、車で小一時間もかかるホームセンターへ連れて行かれたのです。
陽だまりは暖かく、けれども少し風が冷たい。まだまだ力をすべて出し切っていないお日様の光と融けた雪の下で保存されていた枯葉の雰囲気が秋のようだったのですよ。

簡単なものでいいよ、と付け足しておいたおかげでスノコ製の棚がぽんと出来上がったのですが、ちょっとイメージと違っていて、この思いを三番目の兄さんにどう伝えていいものか、そればっかり考えているのです。
いや、スノコを使うとかは別にいいんだけど…寸法とかがさぁ…。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-05 18:34 | ダイアリ | Comments(0)

遅ればせながら

f0171453_2121724.jpg

靴を春使用にはき替えたのです。
重たい冬靴はまた来冬に。
足裏に感じる硬い道路の感覚とカツカツというヒールの音と甲に感じる風の冷たさががちょっと新鮮。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-03 21:29 | ダイアリ | Comments(0)

望みというのは

f0171453_20302912.jpg

たいして働いていもいないくせに、休みばっかり欲しがるこのところ。
怠けているのに疲れる謎は、「お腹がへる歌」の3番目の歌詞を作れそうなくらい不思議。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-02 20:50 | ダイアリ | Comments(0)

ハッピー

f0171453_2117238.jpg

そしてナギ山さま、お誕生日おめでとうございます。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-04-01 21:22 | ダイアリ | Comments(0)