<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

時計と意思疎通できていた

f0171453_20105949.jpg

名札を見るとこの花はハマナス。八重?見上げるなんて初めて。
こんなに大きくなるのかー。

本日はシフト休み。
ものすごく久しぶりにどこにも出かける予定のない休日だったのでした。
日曜日だって休みだけれど一緒に休んでいる三番目の兄さんが「とにもかくにもあてもなくともどこかに出かけたい」という人なもので、のんびりは出来ないのです。楽しいんだけどさ。
出かける予定があると例えその予定が夕方からだとしても朝からずっとそわそわと時間を気にしてしまうので、結果余裕なく過ごす一日となってしまうのですよ。
時間を気にせず過ごせるなんてすごい、すごい幸せ。
そんな気持ちを察してか、部屋の壁掛け時計は朝5時でとまっておりました。巻かないと。

貴重な一日。
何をして過ごしていたかというと、掃除にベランダの植物の手入れ、くっつきにくい二つのものを必死にくつけてみたり、それから箱を作っておりました。
箱は二度も失敗。定規ってどうやったら上手に使える?
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-30 20:50 | ダイアリ | Comments(0)

能楽堂

f0171453_21553227.jpg

今小樽市公会堂の能楽堂が一般公開されておりますよ。
なぜか三番目の兄さん宛てに案内が届いたので行って見て参りました。
いつもは囲いに覆われていて見ることが出来ないものでちょっと嬉しい。
以前は年に一度くらいの頻度だったと思うのですが、いつ頃からか長い期間解放されるようになったのですね。
これが個人の所有物だったってのがすごい…。
展示されている能楽堂の資料の中にまだこの建物が個人の所有物だったころの家の間取り図が混じっていて、それを見ると居住スペースよりも能楽堂とそれに付随する楽屋や見物用の部屋の方が大きくとってあり、それも驚き。

松の大きな絵にほえーとなってしまいましたよ。大きい絵を描くって大変ですよね…。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-29 22:08 | Comments(0)

おすまししてみる柄にもなく

f0171453_19274245.jpg

暑かったので海へ足を運んでみたところ、海水浴を楽しんでいる人たちが大勢いたのです。
大勢…というか…思ったより人が居たということ。
最近職場にて唐突に「日傘が似合うのではないか」と二人の人間に言われたので本日日傘デビュー。
我ながら単純ですが、どう、似合う?と日傘でおすましして砂浜を歩いてみたのでした。

今日は暑いとは言え、6月の北海道で海水浴を楽しんでいる人たちを見れるなんてちょっとびっくりしたのでした。
若いお二人などは小さいコンロを囲んでジンギスカンを食べていたり、子供たちはそれはもう子犬がじゃれ合うように波の中で遊んでおりました。歓声が楽しそう。
ワタクシ・ミユキはと言えば砂浜を5分も歩いているうちに海風のせいでうすら寒くなってきたというのに。
そして
日傘の効果もむなしく家に戻ると顔や腕は目も三番目の兄さんを驚かせるほどに真赤に。
日焼け止めだってちゃんと塗布したのですよ…何度も何度も。
そう言えば、昔読んでいた子供向け雑誌に日焼けにはきゅうりパックが良いって書いてあったなぁ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-28 19:41 | ダイアリ | Comments(0)

食べごろ過ぎても

f0171453_2343633.jpg

赤い玉 さくらんぼ。

三番目の兄さんの会社の同僚のお父上が山形出身の方なのだそうで、たくさん頂戴したのです。
少し食べごろを過ぎたものが毎年届くそうで、だからそう、こんなに真赤。とろけそう。
甘くて良い。

話は全く変わり
本日は仕事終りにみんなで焼き鳥を食べたのでした。
楽しくてねぇ。

同じく仕事に出ていた三番目の兄さんにお迎えを朝に頼んでいたところ、家に戻ることなくワタクシ・ミユキがみんなと焼き鳥を食べているお店のそばの路上に車を止め、ずっと待ってくれていたのだそう…。
お開きになるまでおよそ3時間ずっと待っていたの?!びっくり。
申し訳ないねぇ…と謝ったところ「テレビで「すべらない話」観てたから気にしなくていい」だって。
もし立場が逆だったら、ミユキさんなら激怒ですよ。
お疲れ様。お疲れ様。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-27 23:49 | ダイアリ | Comments(0)

あなたも

f0171453_21441355.jpg

自転車で通勤しているともうもう、日焼けがすごいのです。避け難し。
完全防備!といった具合にながーい手袋などあからさまな日焼け対策は少し恥ずかしくって日焼け止めを塗っているのですが、元来日焼けしやすい体質なので、すでに腕は黒々しているのです。
ただ最近、近未来的な様相を呈するつばの長いサンバイザーのようなものをしているご婦人を見ると少しうらやましいのです。あれが恥ずかしくなくできるようになったら新しい自分に出会えそう。

会社についてからお手洗いにて日焼け止めを落とそうとざぶざぶ腕を洗っていたら、後から入って来た別の会社の方も同じように腕を肘の上あたりまでざぶざぶと洗い出したのです。
二人並んで腕をじゃぶじゃぶ。
全く知らない人だったのですが、一瞬目があってのち、ふふっとかすかに笑いあったのでした。
何も塗っていないみたいなんて売り文句のものでも、やっぱり塗ると違和感があって少しいらっとするものねぇ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-26 22:13 | ダイアリ | Comments(2)

今日の暮れ ベランダから

f0171453_20382680.jpg

仕事終りにみんなでアイスクリームを食べたらお腹の底が濃いもので満たされて不思議な具合。
あのたくさんのフレーバーのアイスクリームは確かに口の中で融けて無くなっていたのに。

今度はコーンにのせてもらおう。カップじゃなくて。
女子高生みたいに大騒ぎして食べてやろうっと。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-25 20:51 | ダイアリ | Comments(0)

ああーこんな感じ

f0171453_2095386.jpg

本当に本当に久しぶりにミユキの休みの日が晴れたのです!
干したお布団の匂いが心地よかったり、ベランダの植物が陽の光の中で緑色に輝いているのを見たり、窓につるしたサンキャッチャーが部屋の中に虹を散らしたり、コジさんがひなたででろりと伸びて寝たり、玄関ドアをあけ放したら部屋の中をざっと風が通り抜けたり
あーそうだったハレってこんな感じだった!とやっと思い出されたのでした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-24 20:22 | ダイアリ | Comments(0)

見える?

f0171453_2044571.jpg

今の職場に勤めだしてから幾度も襲ってきた人員削減の波がまた。
業務の終わり際に会社の上の人からばばーんと偉そうにお達しが。
今までもなんとなく流れに身を任せてやり過ごしてきて、今回もきっとなんとなーくゆらゆらしているうちにやり過ごせそうな予感がするのですが、やっぱりどうしても膝に力が入りきらないような不安を感じるのですよ。
気が小さいもので。
ワタクシなんぞ遠い未来を見据えるなんて無理が当然だとしても、ごく近い未来はある程度見えておきたいなぁ。
見えないほうが面白いなんて楽しがっている余裕は今日はなーし!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-23 21:14 | ダイアリ | Comments(0)

裏返しの服

f0171453_19583229.jpg

昨日は三番目の兄さんの実家にて兄弟が集結して過ごしていたのですが、そのたびに嫁ズの話題になるのはそれぞれの夫である三兄弟のこと。
あ、我がオット「三番目の兄さん」は三兄弟の三番目のだから、三番目の兄さんなのです。

嫁ズの話し合いで今回わかったことは三兄弟とも『服を裏返しに脱ぐ』こと。
みんなお洗濯の際に気になるのだそう。
一番上のお義兄さんは服を裏返しに脱ぐことをなんど注意されても絶対に直さないのだそうだ。
もうあきらめたわ。とお義姉さん。
二番目のお義兄さんは怒られて怒られて、服を裏返しに脱ぐ癖を直したのだそうだ。
メロス並みに激怒したのかもね。二番目のお義姉さん…。

ミユキちゃんは?
はい、私は裏返しに脱がれた服は裏返しのまま洗濯します。三番目の兄さんの服に関しては汚れが落ちなくても私は気にしません!
さすがだねー、ミユキちゃん。と義姉さんがたに褒められたミユキ。

洗濯ものの汚れ落ちの悪いことに対して一度、三番目の兄さんよりクレームがついたことがあったのですが、裏返しに脱ぐからだよって教えてあげたところ、じゃあ裏返しのまま洗濯されたものをそのまま着て脱いだら今度は表で洗濯できちゃうね、ととんちの聞いた答えが返ってきたのでその切り返しを大絶賛して裏返しの件は終了したのでした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-22 21:24 | ダイアリ | Comments(0)

予定は未定

f0171453_22251368.jpg

休日の予定は天候によって左右される。
お天気によって変更された計画のおかげで、豊平館にて花嫁さんを目撃しておりました。
素敵なのだけれど、入口の階段を上るために花嫁さんも花婿さんもお着物を裾をがあばとたくし上げなければならないのがちょっとがっかり。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2009-06-21 22:58 | ダイアリ | Comments(0)